ウーマン村本、品川の悪口「また言うかも」 早くも「和解」の手のひら返しを予告?

印刷

   お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん(34)が、自身の毒舌が元で「激怒」させてしまった品川庄司の品川祐さん(43)に謝罪した。

   2人は2015年9月29日放送の「ロンドンハーツ 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)の企画で直接対面。芸人仲間が見守る中で和解した。だが、村本さんの「ゲスキャラ」っぷりは健在のようだ。放送前のラジオ番組では懲りずにまた悪口を言う可能性を示唆していた。

  • 村本さんは放送前に好感度ダウンを予言(ツイッターより)
    村本さんは放送前に好感度ダウンを予言(ツイッターより)

「ラジオでは気がデカく」「同業だから分かってくれるかと」

   事の始まりは、7月13日放送の「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、品川さんから楽屋で「お前の話は作りすぎてる感じがして、ちょっと笑えへんわ」と言われたと明かしたことだった。

   村本さんは「その後の品川庄司さんの漫才はそんなウケてなかった」と振り返り、さらには「品川さん、ホンマに漫才こそ作ったほうがいいんではないかな」と噛みついた。

   この発言は品川さんの怒りを買ったようで、8月には千原ジュニアさん(41)が自身のラジオ番組で「品川がえらいキレてるとかって」と、陣内智則さん(41)から聞いた話を紹介。9月にはナインティナインの岡村隆史さん(45)も「結構怒ってる先輩おる」とラジオ番組中で触れ、行き過ぎた発言に釘を刺した。

   それでも村本さんは、その後のラジオ番組で「ラジオで言わず、直接言ってください」と切り替えしたり、「ラジオでは気がデカくなってる」「同業者だからプロレスが分かってくれると思った」などと言い分を語ってきたが、29日放送の「ロンドンハーツ」でその話題が持ち上がると、

「初めて踏んだ地雷なんです、本物なんです」
「『毒舌』と『悪口』をはき違えていたんです。キャラだったんです...」

と泣きそうな顔で訴えた。

   同番組では、品川さんと直接対面が実現。すると村本さんは真面目な顔で「その、品川さんの気持ちも汲み取らないまま、大変失礼なことを言ってしまいました。今後はもうないようにしますので、すみませんでした」と謝罪した。

   番組ではその後の流れから「火種を作った品川さんが悪い」という話になり、品川さんはその場で坊主頭に。その姿を見た村本さんは「ありがとうございました。優しい...」とつぶやき、最後は2人がハグをして「手打ち」となった。

「また『ロンハー』に取り上げてもらえるかなって」

   約2か月半に及んだギクシャクした関係もこれにて一件落着...と思われたが、村本さんは放送に先がけた29日未明のラジオ番組でこの話題に触れると、

「僕はそこから改心はしたんですけども、ただ分からないですよ。1か月後くらいに、また品川さんの悪口すごい言ってる可能性も...ね」

と懲りずにコメント。

「また僕のいやらしいのが、それでまた『ロンハー』に取り上げてもらえるかなって思って、やってしまうって可能性もあるんですよね」

   と「今後はもうないようにします」という収録時に語ったことを反故にすることを匂わせた。

   ただ放送後には、品川さんも「村本め、お前のせいでテレビに出られたわっ!!髪の毛が伸びた頃に、またラジオで悪口言ってくれ」とツイッターでコメント。村本さんは「こんなに優しいし器でかいのにどうしてたくさん悪口言われるんだろう...ありがとうございます!!!」とこれに応じた。

   もともと、本人のいないところで悪口を言うことに対しては「持ち帰ってラジオで言う文化、何なの?」などと不快感を露わにしていた品川さんだが、村本さんに関しては以降の悪口にも「お墨付き」を与えたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中