アジアのトップ大学はシンガポール国立大 世界ランキングで東大・京大など日本勢しのぐ

印刷

   2015年の世界大学ランキング調査で、シンガポール国立大学がアジアでトップとなる結果が続いている。

   英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が15年10月1日に発表した世界大学ランキングでは、シンガポール国立大が26位でアジアトップ。日本勢トップは43位の東京大学だった。

   北京大学も42位で東大を上回ったほか、同じ中国では清華大学が47位にランクイン。日本の大学で東大に続いたのは88位の京都大学だった。

   世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)も9月15日、「第12回QS世界大学ランキング2015/16」を発表しており、ここでもアジアのトップはシンガポール国立大(12位)で、アジア勢では同じくシンガポールの南洋理工大学(13位)が続いた。両大学とも初めてトップ15へのランクイン。日本勢ではベスト50に京大(38位)、東大(39位)が入った。

   QSのランキングでは、アジアではこのほか清華大(25位)、香港科学技術大学(28位)、香港大学(30位)、ソウル国立大学(36位)、北京大学(41位)、韓国科学技術院(43位)などがベスト50入り。東大、京大をしのぐアジアの有力大が目立っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中