「農業女子」はビジネスチャンス! 縁のなかった企業も続々と商品開発

印刷

   農業に取り組む比較的若い女性たちを指す「農業女子」を支援する国や企業の動きが広がっている。お年寄りや男性というイメージが強い農業の世界に、若い女性の就農者を増やし、活性化につなげたいとの思いが背景にある。企業が女性の意見を取り入れて、女性の作業を楽しくする新しい商品を続々発売している。

   全農業従事者のうち専業で農業に従事している女性の割合は41.8%だが、39歳以下では23.7%しかいない(2013年農水省「農業構造動態調査」)。働きぶりとしても、トラクターなど重い農機は男性が動かすものだ、という意識が強く、女性は農作物の出荷など補助的な作業を中心に担うことが多かった。

  • 女性向けのトラクターなども登場(画像は井関農機のプレスリリース)
    女性向けのトラクターなども登場(画像は井関農機のプレスリリース)

ピンクの軽トラはUVカットの窓ガラス

   しかし、全国の農業人口は一貫して減少しており、女性の力で活力を高めようと、農林水産省が就農女性の存在感を高める「農業女子プロジェクト」を推進。これを、農業とは縁のなかったところも含め、ビジネスチャンスとみて新商品開発を強化している企業が相次いでいる。

   「農業に従事しているからといって、おしゃれやお化粧など美しさの追究は欠かせない」というのが若い女性たちの本音だ。農業女子が願う美やスタイリッシュな生活のイメージを重視して開発され、これまでにないユニークな商品が生まれている。

   農業機械メーカー、井関農機が開発したのは、白を基調としたシンプルで都会的なデザインが特色のトラクターだ。日焼け防止のボードを設置するなど、若い女性たちの声を取り入れている。ダイハツはピンクやオレンジなどカラフルなボディーカラーをそろえた軽トラックを開発。紫外線カット機能をつけた窓ガラスもつけられるようにしている。「従来の男性目線からは考えられないようなトラック」と発売当初は驚きの声が上がり、その後の販売は好調だ。

農作業で落ちないファンデーション

   屋外で働くことが多い農業女子の最大の悩みはやっぱり紫外線だ。化粧品大手、コーセーも、農業女子プロジェクトの一環として、紫外線対策用のスキンケアや、汗でファンデーションなどが流れ落ちないよう耐水性に優れたメークアップの方法などを教える取り組みに力を入れている。

   農作業後に作業服の汚れをきれいに落とすことも女性にとっては重要だ。シャープは、温風で汚れを浮かし、微細な高圧シャワーで汚れを落とすドラム式洗濯乾燥機を開発した。

   一方、農業女子が作った野菜や果物などを売り出す取り組みも始まっている。三越伊勢丹ホールディングスは今夏、農業女子が育てた農作物を使ったカラフルな水まんじゅうやジェラートなどを開発した。評判は「畑や女性たちの温かさが伝わってくる」など上々だ。

   もっとも、こうした取り組みが実際に農業女子の拡大につながっていくかが最大の課題だ。

   「農村にはまだまだ保守的な気風が強く残っており、女性の家事や育児の負担軽減など課題は多い」との声も強く、ブームを追うだけではなく、農業という職場の根本的な環境改善が不可欠なことは言うまでもない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中