日曜日の東京・秋葉原に「アライグマ」現わる はしご車まで出動して大騒ぎに

印刷

   2015年10月4日午後6時45分ごろ、東京・秋葉原の街路樹にアライグマとみられる小動物がいるのを近くの電気店経営男性が見つけ、警視庁万世橋署へ届け出た。

   通報を受けた署員や東京消防庁のはしご車が出動し、現場は一時騒然となった。署員が網を使って捕まえようとしたが、木の上を移動するなどして逃げ回った。アライグマは発見からおよそ1時間半後に捕獲。その際、近くにいた30代男性と警察官2人のあわせて3人が指を噛まれるなど軽いけがを負った。

   捕獲されたアライグマは体長約60センチで、野生か飼育されていたものかは分かっていない。現在万世橋署が預かっており、警視庁は出没した経緯を調べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中