能年玲奈に似ていて超カワイイと大評判 立命館相撲部の野崎舞夏星さんの実力

印刷

   立命館大学の相撲部に入部した同大学1年の野崎舞夏星(のざき まなほ)さん(19)が能年玲奈さん似で「超カワイイ」と話題になっている。ネット上には野崎さんの画像を集めたまとめサイトがいくつも登場している。

   女相撲の選手に対する勝手なイメージがあり、それとのギャップに驚いている人が多い。ただ、野崎さんは高校3年の時に肩を脱臼するハンデがありながら、世界女子ジュニア相撲選手権の軽量級(65kg以下以内)で金メダルに輝いた実力者。どんな女性なのだろうか。

  • 野崎さんの美貌に注目が集まる(写真は本人ツイッターより)
    野崎さんの美貌に注目が集まる(写真は本人ツイッターより)

女子相撲世界一になった高校3年から露出が一気に増えた

   野崎さんは静岡県浜松市出身で、身長160センチ、体重57キロ。浜松西高から15年4月に立命館大学スポーツ健康科学部に進学した。小学1年生のときに兄の影響でレスリングを始め、将来の目標は女子プロレスラーになることだった。

   相撲を始めるきっかけは、小1の時に地域の「わんぱく相撲大会」に出場を勧められ出たところ、自分より大きい男子に勝つことができた。その嬉しさから相撲をやりたいと思ったのだという。それから週にレスリングは3回、相撲は週一回のペースで社会人の道場で練習した。

   レスリングは小6の時に全国2位になり、相撲は全国大会に進んだものの、2回戦で負けてしまった。その悔しさからもっと相撲が強くなりたいと励むようになったという。

   中学時代は学校にレスリング部も相撲部も無かったため、柔道部に入った。既に女子相撲にはライバルがいない状況で、全日本中学生女子相撲大会で何度も優勝を飾っている。高校時代は柔道部を中心に活動、レスリングの練習はしていたが試合にはほとんど出なかった。

   そして部活を引退した高校3年の夏から本格的に相撲に取り組む。練習中に肩を脱臼し、それを何度も繰り返すというハンデがあったものの、サポートターをしながら台湾で行われた世界女子ジュニアの軽量級で日本人として初めて金メダルに輝いた。

   野崎さんは小学校の時から全国大会に出場し、注目されていた。女子相撲で世界一になった高校3年から一気に露出が多くなり、人気に火が付いた形だ。

将来の夢はスポーツ番組のディレクター

   ネット上には野崎さんの画像を集めたまとめサイトがいくつも登場し、

「相撲ガールの野崎さんがかわいすぎてヤバい...」
「これは入部者が激増しそう」
「これ、もう本人が女優で映画作れそうなレベルで美人」
「いやぁ?かわいいっす!!これってスッピンですよね・・・某大所帯のアイドルグループと比べても勝てそうです」

といった書き込みが出ていて、女優の能年玲奈さん似だと評価する人も多い。

   ただし、格闘技にかける思いは半端ではない。立命館大学の情報通信サービスサイト「立命館CLUB」に掲載された野崎さんのインタビューによると、立命館に入学したのは、同じ静岡県出身で14年に世界大会で優勝した、自分の目標である山中未久さんが4年にいるからだと説明した。負けず嫌いで怪我もいとわないため、顔面から土俵に落ち口元の皮が剥けてしまったこともある。

「初対面の人には『見た目とギャップがある』と言われますが、1ヶ月もすれば本当の性格がわかってくるみたいです」

   将来の夢はスポーツ番組のディレクターになること。女子相撲というあまりメジャーでないスポーツをしているからこそ、選手の目線で新たなタイプの番組をつくれる可能性があるし、自分が取材を受けた経験も密着ドキュメンタリー番組制作などに生かせるのではないか、などと語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中