TPP交渉が合意の見通しと甘利担当相が明かす 

印刷

   甘利明環太平洋連携協定担当相は2015年10月4日、米アトランタで行っているTPP交渉が合意する見通しになったことを明らかにした。詰めの協議が進んでおり、5日深夜に記者会見が行われる予定だと報じられている。

   米国と豪州の両国が、懸案だったバイオ医薬品のデータ保護期間で合意したことを受けたものだ。合意すれば、世界の4割を占める大きな貿易圏が環太平洋に誕生することになる。日本はコメの関税を維持しながら米国などから無関税で輸入を認める特別枠を作り、牛肉や豚肉は関税を引き下げる。また、米国は日本から自動車部品を輸入する際の関税の多くを撤廃するという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中