TPP大筋合意で国内向け総合対策 また繰り返される農業への大判振る舞い

印刷

   米アトランタで行われていた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の閣僚会議が大筋合意に達したことを受け、安倍晋三首相が2015年10月6日午前、会見した。いわゆる「重要5品目」は「聖域」だと位置づけていたが、実際には米国に無関税輸入枠を新設するなど譲歩を迫られた。

   実際に協定を結ぶには国会の承認が必要だ。安倍首相は「できる限りの総合的な対策を実施する」と説明しており、一例として「市場に流通するコメの総量は増やさない」とも述べた。そのためには政府が赤字を補塡(ほてん)したり買い上げたりするなどの国費投入が避けられないとみられ、参院選を16年夏に控え、国内の反発を収めるための農業対策費がどの程度まで膨らむかも焦点になりそうだ。

  • TPPの大筋合意で記者会見する安倍晋三首相
    TPPの大筋合意で記者会見する安倍晋三首相

国会決議では「聖域の確保を最優先」求めていた

   国会はTPP交渉への参加を認めた13年4月、コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖(甘味資源作物)を「重要5項目」と位置づけ、

「重要5品目などの聖域の確保を最優先し、それが確保できないと判断した場合は、脱退も辞さないものとすること」
「重要品目について、引き続き再生産可能となるよう除外又は再協議の対象とすること。10年を超える期間をかけた段階的な関税撤廃も含め認めないこと」

などを求める決議を採択していた。

   安倍首相は、

「最後の最後までギリギリの交渉を続けた。その結果、関税撤廃の例外をしっかり確保することができた。これらの農産品の輸入が万一急に増えた時には、緊急的に輸入を制限することができる新しいセーフガード措置を設けることも認められた」

などと成果を強調したが、「『聖域』は守られたのか」という質問には直接は答えなかった。

ウルグアイ・ラウンドでは8年で対策費6兆円

   今後、政府は全大臣をメンバーとする「TPP総合対策本部」を立ち上げ、協定締結のための国会承認を求めるまでに影響を精査する。安倍首相は

「政府全体で責任を持って、できる限りの総合的な対策を実施する」
「新たに輸入枠を設定することになるコメについても、必要な措置を講じることで、市場に流通するコメの総量は増やさないようにする」

などと述べ、現時点では大まかな方針を示すにとどまっている。

   過去には、農産物の市場開放で多額の農業対策費投入を余儀なくされたことがあり、今回も国会審議で同様の対策を求める声が上がる可能性もある。

   農業関係者が念頭に置いているのが、1986~94年に行われた関税及び貿易に関する一般協定(ガット)ウルグアイ・ラウンドだ。例えばコメについては関税(778%)を維持する代わりに、毎年一定量を無税で輸入する「ミニマム・アクセス」が義務づけられた。ウルグアイ・ラウンドでは、土地改良事業など農業対策に6兆円を投じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中