「微生物の力借りただけ」「人のために」... 大村智氏の謙虚で誠実な言葉に日本中感動

印刷

   2015年のノーベル医学生理学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が10月5日夜、都内で記者会見した。

   大村氏の偉業はもちろんのこと、「微生物の力を借りているだけ」「人のために」といった言葉の数々が多くの人々の心に響き、インターネット上で称賛の声が相次ぎ寄せられている。

  • 5日に会見を行った大村智氏(写真:伊藤真吾/アフロ)
    5日に会見を行った大村智氏(写真:伊藤真吾/アフロ)

安倍首相にも「微生物のおかげですから」

   大村氏は長年にわたって微生物の研究に力を注ぎ、微生物由来の有機化合物を次々発見した。中でも「エバーメクチン」の発見は、アフリカや中南米の人々を苦しめていた病気の特効薬につながり、今回、この業績が高く評価されることとなった。なお、特効薬「イベルメクチン」は世界保健機関を通じて延べ10億人以上に無償提供されているという。

   そんな偉業を成し遂げながらも、大村氏が語ることは徹頭徹尾、謙虚で誠実だ。5日の会見では

「私の仕事は微生物の力を借りているだけ。私自身がえらいものを考えたり、難しいことをやったりしたわけではなくて、すべて微生物がやっていることを勉強させていただいたりしながら、本日まで来ている。そういう意味で本当に私がこんな賞をいただいていいのかな、と思います」

と切り出した。

   先人が築いてきた学問や、北里研究所創設者の北里柴三郎氏から受け継いだ「科学者は人のためにやらなければだめだ」という精神に触れながら、

「人のために少しでもなにか役に立つことはないか、微生物の力を借りて何かできないか。それを絶えず考えております」

と述べ、こうしたことが今回の賞につながったと指摘した。

   この「人のためになることを」という言葉は座右の銘でもあった。小さいころ面倒を見てくれた祖母から繰り返し聞かされていたそうで、会見では「どちらが世の中、人のためになるか。分かれ道に立ったときはこれを基準にしてきた」と振り返った。

   なお、会見中に安倍晋三首相から祝福の電話が入った際には「微生物のおかげですから。総理からのこういう言葉を頂き、さらに励みになります」と丁寧に応じていた。

「本当に頭が下がる」「日本の誇り」「私も謙虚な大人になりたい」

   会見の様子や内容が報じられると、インターネット上は

「本当に頭が下がります」
「多くの大切なことを教えられました」
「何億人もの人を救える人は実に謙虚。日本の誇りです」
「自分が自分がってなりやすいのに...。尊敬する」
「大村さんみたいに、○○の力を借りただけ~とか、人のために~とか言える謙虚な大人になりたい」

などと称賛の嵐になった。

   莫大な「特許料」の使い道にも注目が集まっている。大村氏は薬の開発関連で得た特許料のうち200億円以上を北里研究所に入れたと報じられている。また2007年には、故郷への恩返しとして山梨県韮山市に韮崎大村美術館を開館させている。

   こうした行動に対しても

「お金儲けは決して悪いことじゃないけど、これは素直に素晴らしい」
「私利私欲のなさ。偉大すぎる...」

といった声が数多く寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中