脱毛大手ミュゼ、主要各行と債務返済交渉

印刷

   経営不振が指摘されている脱毛サロン大手「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーションは2015年10月6日、高橋仁社長が東京都内で記者会見し、常陽銀行や足利銀行など主要取引銀行と債務の返済をめぐる交渉を行っている、と発表した。

   同社は15年5月ごろからインターネットで経営不振などと報道されてきたが、今回はこれを受けて初めて会見を開いた。高橋社長は、事業を継続しながら借金の返済計画案をまとめ、16年3月までに銀行と合意したいとしている。

   同社は積極的な広告などで事業を全国に急拡大する一方、予約が取れないなどの不満が高まり、解約する会員へのエステ代の返金で経営不振に陥っていると報じられていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中