大惨事の広島メイド喫茶に漂う不思議 「個室サービス」に憶測、社員の口重く

印刷

   漫画やアニメの店が並ぶ東京・中野ブロードウェイにほど近い飲み屋街の一角にある「黒猫メイド魔法カフェ」中野本店は、2015年10月11日も「臨時休業とさせていただきます」の張り紙を残して、シャッターが閉ざされていた。

「従業員が、亡くなっておりますので......」

   J-CASTニュース編集部の電話取材に、運営会社の社員はか細い声で答えた。広島・流川にある姉妹店が、3人の犠牲者を出す火災に見舞われて3日。今なお、出火原因などは明らかになっていない。

  • 東京・中野にある姉妹店。12日まで臨時休業との張り紙がある
    東京・中野にある姉妹店。12日まで臨時休業との張り紙がある
  • 公式サイトに掲載されている運営会社のコメント
    公式サイトに掲載されている運営会社のコメント

カフェバー営業とエステ営業の店舗が同居

   今回の火災が報じられる中で、多くの人が注目したのが、同店が2階部分で「個室サービス」を行っていた点だ。ツイッターなどで、

「私の認識の中のメイド喫茶で無い」
「メイドカフェなのに個室...?」

といった声が上がっているように、メイドカフェなどでは「個室」を設けていないところがほとんど。また、亡くなった従業員、客はいずれも2階にいたと見られることもあり、メディアなどの報道も、憶測めいたものも含めその部分に集中した。

   実際のシステムはどうだったのだろうか。同店は、「カフェ+バー」営業と、「エステ(マッサージなど)」営業を行っていた店舗が同居するような作りになっていたようだ。このうち、エステの方は、手のひらをマッサージする「お手てナデナデ」や、肩をもむ「お肩ヤワヤワ」などのコースがあり、まとめて頼むと30分・3800円~。また指名料金として2000円がかかり、1000円で衣装の変更、また写真撮影も1000円で行っていたという(同店ウェブサイトより)。

「性的サービスはまったくしません」

   一部報道では、これら2階の営業については風営法に基づく届け出がされていた、とある。ただし、9日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)の取材に答えた常連客だという男性は、

「まったくそれ(性的サービス)はしません。お客さんがエステシャンに触ったらいけん、っていうルールもあるので」

と断言している。

   なお、最大の焦点である火災の原因についてはいまだわからないままだ。入居するビルが消防訓練を行うよう、計5度にわたり指導を受けていながら、一度も行っていなかったことや、火災報知器が発生後すぐには鳴らなかったことなどが報じられる一方、産経新聞(ウェブ版)は11日付で、火災報知器に異常はなく、延焼が早かったことから「不審火」の可能性が強い――との関係者の話を掲載している。

   J-CASTニュースでは運営会社にも問い合わせたが、「警察・消防が捜査中ですので、お答えできません」との返答を得るに留まった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中