国内景気の先行き7割が「回復」、読売新聞の主要118社アンケート

印刷

   国内景気の先行きについて、約7割の企業が「緩やかに回復する」と明るい見方を示したことが、読売新聞の主要118社を対象にした景気アンケートでわかった。2015年10月13日に報じた。先行きについて、「緩やかに回復する」は84社で、「足踏み状態(踊り場)になる」の28社を大きく上回った。

   景気回復の要因を84社に複数回答で聞いたところ、56社が「個人消費の回復」を、50社が「設備投資の増加」をあげた。

   一方、景気の現状については68社が「足踏み状態(踊り場)」と答え、「緩やかに回復している」の49社を大きく上回った。現状を「踊り場」「緩やかに悪化」と答えた69社に複数回答で要因を聞いたところ、60社が「個人消費の一服」、52社が「中国など新興国経済の減速」をあげた。

   消費増税や物価上昇で消費者の節約志向が長引いていることに加えて、中国経済の減速が景気回復の足を引っ張っている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中