国内景気の先行き7割が「回復」、読売新聞の主要118社アンケート

印刷

   国内景気の先行きについて、約7割の企業が「緩やかに回復する」と明るい見方を示したことが、読売新聞の主要118社を対象にした景気アンケートでわかった。2015年10月13日に報じた。先行きについて、「緩やかに回復する」は84社で、「足踏み状態(踊り場)になる」の28社を大きく上回った。

   景気回復の要因を84社に複数回答で聞いたところ、56社が「個人消費の回復」を、50社が「設備投資の増加」をあげた。

   一方、景気の現状については68社が「足踏み状態(踊り場)」と答え、「緩やかに回復している」の49社を大きく上回った。現状を「踊り場」「緩やかに悪化」と答えた69社に複数回答で要因を聞いたところ、60社が「個人消費の一服」、52社が「中国など新興国経済の減速」をあげた。

   消費増税や物価上昇で消費者の節約志向が長引いていることに加えて、中国経済の減速が景気回復の足を引っ張っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中