北斗晶の呼びかけで乳がん検診希望者増加 医療施設が「問い合わせ増えた」「年内は予約で一杯」と驚く

印刷

   乳がん手術によって右乳房を全摘出した元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)の「呼びかけ」が、多くの女性を動かしたのかもしれない。

   今、乳がん検診を受けたい人からの問い合わせや予約が各地の医療施設に相次いでいる。ちょうど北斗さんが乳がん検診を受けるようブログで呼びかけた2015年9月後半頃から、目立って増え始めたのだという。

  • 北斗さんの呼びかけが世の女性を動かした(画像は北斗さんの公式ブログより)
    北斗さんの呼びかけが世の女性を動かした(画像は北斗さんの公式ブログより)

「報道された途端、問い合わせが増えました」

「年内は予約でいっぱいだったんじゃないでしょうか」

   東京都がん検診センター(東京都府中市)の担当者はJ-CASTニュースの取材に、驚いた様子でこう語った。9月後半以降、同センターで実施する乳がん検診「日帰りがんドック」の受診希望者がにわかに増えた。担当者によると、15年9月中旬には10月中旬ごろに予約が取れたものの、現在は12月まで予約で埋まっているという。

   乳がん検診を受けたい人が増えているのは東京だけに留まらない。大阪がん循環器予防センター(大阪市城東区)の担当者も「(北斗さんの乳がんが)報道された途端、翌日から問い合わせの数が増えました」、名古屋市健康増進課の担当者も「感覚的に問い合わせの数は増えたと思います。意識が高まっているのではないでしょうか」との声を寄せる。

   北斗さんは乳がんを公表した9月23日のブログで「若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!乳癌の専門医にしか分からない自分では直視出来ない、触っても分からない乳癌の位置もある事を、このブログを読んでくださった皆さんにも知ってもらいたい」と女性に乳がん検診を受けるよう呼びかけていた。それが「功を奏した」と言えるのかもしれない。

   北斗さん自身もその影響を感じていたのか、10月3日の退院後会見で「病院への乳がん検診の予約がすごいみたいです」と語っている。

ゆうこりん「明日、私は検査の予約をします」と宣言

   北斗さんの呼びかけには、芸能人も反応した。タレントの江口ともみさん(47)は15年9月24日、「女性の皆さん、乳癌検診受けていますか?面倒くさい、時間がない、自分は大丈夫、そんな事では大切な身体を守れませんよ」とブログに綴った。また、タレントの小倉優子さん(31)は9月23日のブログで「明日、私は検査の予約をします」と宣言。フリーアナウンサーの小林麻耶さん(36)も同日、ブログで「大切な女性を守るため『検診に行ってね』とぜひ伝えてください」と男性に呼びかけた。

   10月は乳がん検診啓発のピンクリボン月間ともなっているため、そちらの影響も無視できない。ただ、全国的に乳がん検診の希望者が増えている背景に、北斗さんの呼びかけがあったことは間違いないだろう。

   ちなみに、乳がんの主な検査法はしこりやリンパ節の腫れを手で触って確認する触診、プラスチック製の板ではさんだ乳房を専用のX線装置で撮影するマンモグラフィ検査、超音波で乳房の組織を検査する超音波(エコー)検査の3種類。一部の自治体は毎年、乳がんの無料検診クーポンを住民に配布している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中