新山千春の「あざとさ」がすごい 「炎上」反省しつつブログPR、ランキング上位に躍り出る

印刷

   インターネット上で度々「炎上騒ぎ」を起こしてきたタレントの新山千春さん(34)が、テレビ番組中で「炎上ブログは金になる」と大胆発言をした。

   最終的には自らを「あざとかった」と反省するも、放送後にブログをチェックするようちゃっかりPR。「アクセス数の要」と力説していたコメント欄も数日限定で復活させた。「あざとさ」はいまだ健在か。

  • 放送後、「しくじり先生を ご覧下さった主婦層の皆様へ」と題してブログを更新(画像は新山さん公式ブログのスクリーンショット)
    放送後、「しくじり先生を ご覧下さった主婦層の皆様へ」と題してブログを更新(画像は新山さん公式ブログのスクリーンショット)

満面の笑みで「本当に儲けさせていただきました!」

   新山さんは2015年10月12日放送の「しくじり先生3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演し、ブログが度々炎上してきた理由を「主婦層に嫌われたため」と明かした。

   04年に元プロ野球選手の黒田哲史さん(40)と結婚した新山さんは、06年に長女を出産。以来、愛娘とのエピソードを度々ブログで披露してきた。ところが08年、長女がスーパーで未精算のコロッケを食べてしまったことをつづった「コロッケ事件」がきっかけとなり、「鬼女(芸能人叩きなどが好きな既婚女性)」に目をつけられてしまった。

   以降、新山さんはさまざまなブログ記事で炎上を経験することになるが、途中で「炎上ブログは金になる」と気付いたという。ブログがアクセスランキングの上位となって注目を集めた結果、子育て本の出版やCM出演の依頼が舞い込んできたのだそうだ。

   そのため新山さんはコメント欄を閉鎖するとアクセス数が減るとして、スタッフが閉鎖を提案してきても断固拒否したといい、「本当に儲けさせていただきました!」などと嬉々として語った。

   ただ炎上させすぎた弊害として「実生活にも被害が出始めた」といい、自身の未熟さを反省。コメント欄もすでに閉鎖したという。最終的にはここまで嫌われた理由を「あざとかったため」だと自己分析し、現在のブログでは等身大の自分を表現するよう心がけていると語った。

最近では鬼女板でも名前上がらず...

   放送後のブログでは「私が発信したしくじりBlogをスルーせずにご指摘下さった方に気付かせていただいた事、学ばせていただきだく事もたくさんありました。今までお礼言えずに申し訳なかったと反省しています」としてアンチの人々に感謝の言葉をつづった。

   なお、同ブログでは、アクセス数に大きく影響すると力説していた「コメント欄」を数日間限定で復活させている。「1000越えるかなぁぁ?笑 冗談ですので、、、NO炎上でよろしくお願いします」と笑いを交えてコメント投稿を呼びかけており、13日17時時点で2500件以上が寄せられている。

   掲載されているコメントが好意的な内容ばかりなのは承認制をとっているためだろう。それでも番組での宣伝の効果か、13日にはアメーバブログの急上昇ランキングで3位に。新山さんにしてみれば、まさに「期待どおり」といったところだろうか。

   芸能界のママタレ枠はすでに飽和状態だ。同じ「炎上系」でみてみても、辻希美さん、木下優樹菜さん、福田萌さん、優木まおみさんなど、ライバルは多い。新山さんは触れていなかったが、芸能人ブログはPVの多さに比例する広告収入があるとも報じられており、たとえば辻さんは、過去に「月間500万円超」を稼いでいると伝えられたこともあったほどだ。

   最近では「鬼女」の掲示板でもすっかり名前が上がらなくなっていた新山さん。今回の「しくじり先生」出演の本心は定かではないものの、インターネット上では、

「それでも根っこにあるのは、炎上しても金って考えだろうな」
「また炎上させてくださいね、って宣伝しているようにしか見えない」
「鬼女をより煽って利用する新山千春w」
「また炎上したい感でいっぱい過ぎてw」

といった声が少なくなく、今回の出演を機に「炎上ママタレ」として復活したいというメッセージとして受け取られたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中