古代史研究家、古田武彦さん死去 「邪馬台国ではなく邪馬壹国」という説を主張

印刷

   古代史研究家の古田武彦さんが2015年10月14日、京都市西京区の病院で亡くなった。89歳だった。故人の遺志により葬儀は行われない。

   福島県生まれ。東北大で日本思想史を学び、高校教諭を経て、1984年に昭和薬科大教授に就任した。

   当初、親鸞の研究で知られたが、後に古代史研究に力を注ぐ。中国の歴史書「魏志倭人伝」に記された女王卑弥呼が治める国は「邪馬台国(やまたいこく)」でなく「邪馬壹(いち)国」と主張するなど、独自の主張を展開し、多くの研究者と論争を繰り広げた。合わせて「邪馬壹国」の所在地は現在の福岡市付近にあった、という「九州王朝説」も唱えた。こうした斬新な古代史像は、後に「古田史学」とも呼ばれるようになった。

   著書に「『邪馬台国』はなかった 解読された倭人伝の謎」など。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中