エボラウィルス、しぶとく精液に残存 回復男性の半数から見つかる

印刷

   エボラ出血熱のウイルスが、回復した男性の精液に数か月以上も残存しているケースが調査対象の半数に上ったと、世界保健機関(WHO)などの研究グループが米医学誌で発表した。各メディアが2015年10月14日に報じた。

   それによると、研究グループは、西アフリカのシエラレオネでエボラに感染して回復した男性93人の精液を分析した結果、その5割に当たる46人の精液からウイルスの遺伝子を見つけた。西アフリカのリベリアでは3月、エボラから回復した男性から性行為を通じて感染した可能性がある女性のケースが報告されていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中