菅官房長官、共産党の「現実的な対応」皮肉る 
安保容認方針「国民にどう説明するのか」

印刷

   共産党の志位和夫委員長が、野党が共闘する「国民連合政府」が実現した際には日米安保条約を容認する考えを示したことについて、菅義偉官房長官は2015年10月16日夕方の定例会見で、

「今まで、現実的じゃなかったんじゃないですかね?安保条約破棄だとか、自衛隊は解散だとか言ってたんですから。どう国民に説明するんでしょう」

と述べ、従来の方針を大幅に転換する形での「現実的な対応」は、国民の理解を得られないとの考えを示した。

  • 定例会見に臨む菅義偉官房長官
    定例会見に臨む菅義偉官房長官

「あんまり変わらないんじゃないか。選挙目当てかな」

   今後、国会論戦で共産党と安全保障分野で建設的な議論ができる可能性について聞かれると、菅氏は、

「どういう形でこうなったか、よく分からない。まぁ、あんまり変わらないんじゃないかと思う。選挙目当てかな、と思う」

などと切り捨てた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中