タモリが紅白司会辞退報道に板野局長「承知していない」

印刷

   NHKの板野裕爾放送総局長は2015年10月21日に都内で定例会見を行い、タレントのタモリ(70)に紅白歌合戦の総合司会を断られたという報道について聞かれ、新聞は見ているが事実関係は「承知していない」と述べた。

   報道ではNHKは今年の目玉としてタモリの総合司会を熱望していたが、スケジュールの調整がつかないなどの複数の理由から15年10月17日までに丁重に断わられた、となっている。今年の紅白の総合司会者について板野局長は、司会者の発表は例年10月中に行っているため、「そう遠くない時期に発表できる」とだけ語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中