職員宿舎7棟170戸、3年以上住人ゼロ 年金機構に不要資産処分求める

印刷

   会計検査院は、3年以上入居者のいない職員宿舎が7棟(170戸)あるなど、保有する土地や建物が有効に活用されていないとして、日本年金機構に対して不要な不動産の処分などを検討するよう、2015年10月20日に要求した。国に返納させる法規定がないことから、所管する厚生労働省には法整備を求めた。

   会計検査院の調査によると、2014年度末時点で入居者がゼロだった宿舎は全国に13棟(248戸)。このうち北海道と東京、千葉、沖縄にある7棟(簿価で約15億円)は、少なくとも3年以上誰も住んでおらず、入口や窓を板でふさぐなど活用の見込みもなかった。他の4棟についても廃棄予定の書類などを保管していたり、老朽化で取り壊す方針を決めたまま放置されていたり、ほぼ遊休状態だった。4棟の簿価は合計で約7億円。

   検査院は「国民の資産であり、不要なら現物や売却金を戻すべきだ」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中