「つまずいて、武豊騎手の手にすがった」 手つなぎデート報道、美馬アナ側の釈明は本当なのか

印刷

   天才ジョッキーこと競馬の武豊騎手(46)が、フリーアナウンサーの美馬怜子(りょうこ)さん(31)と手つなぎデートをしていたと、女性誌が写真付きで報じた。もし本当なら不倫関係になるが、双方の事務所はそれを否定している。

   美馬怜子さんは、2014年春まで4年間、TBS系「朝ズバッ!」のお天気キャスターを務めたことで知られる。趣味でもある競馬の番組にも、数多く出演している。

  • 300勝のお祝い気分も飛んだ?(写真:山根英一/アフロ)
    300勝のお祝い気分も飛んだ?(写真:山根英一/アフロ)

武さんと妻の佐野量子さんは、番組で共演したばかり

   女性セブンの15年10月22日発売号によると、京都市内に住む武豊さんが東京に遠征に出ていた5日未明、六本木の路上で美馬さんと手を握ってほろ酔い気味に歩いているのを記者がキャッチした。撮られた写真を見ると、武さんが右手で美馬さんの左手を引っ張るように歩いている様子が映っている。

   さらに、武さんは美馬さんのドレスのスリットに手を入れ、太ももなどに手をはわせていたともいう。

   2人はその後、タクシーでドラッグストアまで行き、そこからまた武さん宿泊の高級ホテルへ向かったとしている。美馬さんの自宅マンションは、その目の前だった。

   記事では、武さんの知人の話として、2人は、3年ほど前に競馬番組で知り合い、1年前から親しい関係になったと報じた。武さんが東京に遠征したときに会っているというのだ。

   武さんは、元アイドルの佐野量子さん(47)と結婚20年目を迎えており、10月10日放送のテレ朝系旅番組「旅する相棒」では、仲睦まじいおしどり夫婦ぶりが見られたと話題だった。武さんと美馬さんが会っていたわずか5日後のことだ。

   番組では、武さんは、「結婚はいいですよ。結婚が一番いいです」と繰り返していた。

武さんは、夫婦関係に「緊張感はあります」と漏らす

   武豊さんは、馬の置物があちこちにある京都市内の自宅も番組で初公開した。そこに妻の量子さんがおり、実に20年ぶりにテレビに出演した。

   量子さんのデビュー当時のドラマを見ようとすると、量子さんは恥ずかしそうに、「観ないでもらえる?」と武さんを押し返そうとし、武さんは「アハハハ」笑っていた。こうした夫婦のやり取りに、番組に出演した俳優の水谷豊さんも「なんかいい感じ」と感心し、タレントの木梨憲武さんも「付き合ってるみたい」と突っ込むほどだった。

   ただ、武さんは、夫婦関係について、「緊張感はあります」と漏らしていた。量子さんによると、武さんはすぐにこう言うのだそうだ。

   女性セブンの記事が出ると、ネット上では、「誠実で紳士的なイメージだったのにな」「これが本当なら武豊さん・・ ガッカリです」「仲の良い夫婦だと思ってたからショックだわ」といった声が上がった。もっとも、「武豊が不倫すると思えないんだが」「好きだし、これからも応援するよ」などと擁護する向きもあった。

   女性セブンの記事によると、武さんは、美馬怜子さんは競馬関係の知人の1人で、特別に親しいことはないと取材に説明した。

   美馬さん所属事務所のセント・フォースでは、J-CASTニュースの取材に対し、武さんは知人の1人だとして不倫を否定した。

   手つなぎ写真については、「本人がつまずいて、武さんの手にすがったと聞いておりす」と釈明した。太ももなどを触ったかどうかも、「写真があるわけではなく、どういうふうに見ればそうなるのか。そこは、どうとでも書けると思います」と否定した。

   この日は、武さんのJRA重賞300勝のお祝いで飲み会を行い、写真を撮られたときも競馬関係者を含めて3人でいたという。タクシーには3人で乗り、ドラッグストアで美馬さんと関係者が降りたため、ホテルに行った事実はないとした。武さんと2人きりで会ったこともないと言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中