まだまだ続くぞ五郎丸フィーバー 「あの界隈」から黄色い声援飛びまくり

印刷

   ラグビーワールドカップ(W杯)で大活躍した日本代表、五郎丸歩選手(29)の人気がうなぎのぼりだ。ラグビー強豪国・オーストラリアのチームが獲得の意思を示したと報じられる一方で、テレビでは古舘伊知郎さんに筋肉を触られたり、経済ニュースで組織論について聞かれたりと、連日メディアをにぎわせている。

   日本中を巻き込んだ「五郎丸フィーバー」は、とどまるところを知らないようだ。さらには、イケメンで筋骨隆々の姿にほれ込み、「黄色い声援」を送るこんな人たちも――。

  • 10月11日、W杯アメリカ戦での五郎丸歩選手(写真:アフロ)
    10月11日、W杯アメリカ戦での五郎丸歩選手(写真:アフロ)

「張り裂けてます、スーツが。この大腿四頭筋と広背筋で...」

   オーストラリアの新聞「デイリーテレグラフ」などは2015年10月23日、プロリーグ「スーパーラグビー」のレッズが、五郎丸選手の獲得に興味を示していると報じた。「スーパーラグビー」は、オーストラリアとニュージーランド、南アフリカ共和国のクラブチームが集まっていて、「世界最高峰」との呼び声も高いリーグだ。現段階では報道レベルだが、W杯での五郎丸選手の活躍が、世界に知れ渡っているのは事実だろう。

   そんな「時の人」をメディアが放っておくわけがない。21日には「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演。釣り好きの五郎丸選手にあわせて、「釣り堀」のセットを用意して、キャスターの古舘さんがインタビュー。終了間際には、古舘さんが興奮気味に、

「あまりにもすごい身体してるんで、張り裂けてます、スーツが。この大腿四頭筋と広背筋で、ここ(右肩の下)が裂けました。格好良すぎますよ」

と、五郎丸選手の筋肉を叩きながら、絶賛する場面もあった。

   22日には「みんなのニュース」(フジテレビ系)や、経済ニュース番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(テレビ東京系)にも生出演。WBSでは「ラグビー代表から学ぶ ニッポン企業躍進のヒント」なるテーマで、組織論についてインタビューを受けていた。

クリス松村「男性の美しい涙にもらい泣き」

   五郎丸選手に「熱視線」を送っているのは、メディアだけじゃない。その男前なルックスと、古舘さんも太鼓判を押す強靭な体、そして優しそうな性格から「オネエ」の評価も高いのだ。

   タレントのクリス松村さんはブログで、

「五郎丸選手がバンバン決めていて、決まる度に1人で大騒ぎ。(笑)」(10月4日)
「ニュースで初めて五郎丸選手の涙を見て、男性の美しい涙にもらい泣きしました」(13日)

と五郎丸ファンぶりを熱くアピール。女装タレントのナジャ・グランディーバさんも、18日の「サンデージャポン」(TBS系)で、

「大ブームですよ。きのうもゲイバー行ったけど、どのテーブルも五郎丸の話で大盛り上がり」

と話し、「五郎丸ポーズ」をするときに内股になるところを「カワイイ」と評する。

   マツコ・デラックスさんも13日のイベント会見で、

「そりゃもう(タイプですよ)。五郎丸さん(だけ)とかいうんじゃなくて、(ラグビー)代表の方たちは誰が来ても大丈夫」

と話していた。

   そんな五郎丸選手は24日夜、プロ野球・日本シリーズ第1戦で始球式を務める。普段とは違う姿を見て、またも各方面から「カッコイイ」と声援が集まりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中