大阪市営地下鉄の窓ガラスにひび トンネル天井からチェーン垂れ下がる

印刷

   2015年10月24日20時ごろ、大阪市営地下鉄中央本線の阿波座―本町駅間で、走行中の学研奈良登美ヶ丘発コスモスクエア行きの普通列車の運転席の窓ガラスにひびが入った。市交通局によると、トンネル天井の換気口から資材運搬用のチェーンが垂れ下がっていたという。

   乗客約150人にけがはなかった。中央線は約1時間半にわたり運転を見合わせ、約1万1000人に影響が出た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中