20年前の大阪・小6女児死亡火災 服役中の母親らが刑務所から釈放

印刷

   1995年に大阪市東住吉区で小6の女児(当時11)が亡くなった民家火災をめぐり、殺人罪などで無期懲役判決が確定して服役中だった母親らが2015年10月26日、逮捕から約20年ぶりに釈放された。大阪高裁が10月23日に再審開始と刑の執行停止を認め、26日に大阪高検側の異議申し立てを棄却したことをうけたもの。

   母親の青木恵子さん(51)、内縁の夫だった朴龍晧(ぼくたつひろ)さん(49)は26日、それぞれ和歌山刑務所と大分刑務所から釈放された。

   火災は95年7月22日に発生した。2人は同年9月10日、保険金目的で自宅に放火したとして殺人と現住建造物等放火の疑いで大阪府警に逮捕。2006年には最高裁で無期懲役が確定していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中