森喜朗会長が頭を丸刈り風に 「いずれわかる」と煙に巻く

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(78)が、頭髪を短く刈り込んで丸刈り風にしたことが話題になっている。

   報道によると、森氏は、東京都内で2015年10月26日にあったアスリート委員会の会合に出席し、冒頭のあいさつで帽子を取った。新国立やエンブレムの問題でバッシングを受けており、会合後に報道陣に囲まれると、「みんなが責任取れとか何とか言うから、坊主にしたほうが楽」と愚痴った。森氏は3月に肺がんの手術を受けているが、そのこととの関係までは話さず、「いずれわかること」とだけ述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中