「男はブスの彼女を外へ出さない」、これはホントか 「お騒がせ」おのののかに疑問の声相次ぐ

印刷

   タレントのおのののかさん(23)がテレビ番組で披露した「彼氏は不細工な彼女を外へ出さない」という「仮説」に、疑問の声が相次いでいる。

   とりわけ番組放送からすぐに恋人とされる男性との親密な様子を写真週刊誌に報じられたためか、「自分は美女だと思っているのか」と悪印象を持たれてしまったようだ。

  • 「大胆」な仮説を披露したが…(画像はおのさんの公式ブログより)
    「大胆」な仮説を披露したが…(画像はおのさんの公式ブログより)

「私の友達でも、そんなに...顔とかは...レベル高くはない」

   おのさんは2015年10月28日放送のバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。番組では「美女と野獣のカップルはいるがその逆はいない」との仮説を検証するVTRを放送した。

   美男と不細工な女性のカップルを街頭で探したものの、なかなか見つからず、芸能事務所やエキストラ会社に協力を依頼し、やっとお笑い養成所に通う女性のカップルが1組見つかった。VTR放送後、スタジオで司会のダウンタウン・浜田雅功さん(52)が「一般に歩いている人には、なかなかいなかったということですか」と感想を語ると、共演したお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さん(39)は「いないです。何かあるんですよ、そういうカップルをもし目にしたら」と結論付けた。

   すると突然、おのさんが「(不細工な彼女を)外に連れ出していないのかもしれないですよね、イケメンさんが」と「仮説」を述べだした。これには小峠さんも「だいぶヒドいこと言うてるよ」と注意したが、今度は「私の友達でも、そんなに...顔とかは...レベル高くはないんですが、本当にメチャクチャ性格がいい子がいて、結構家でのデートが多いみたいなのは聞いたことが...」と知人を例に挙げつつ「仮説」を補強。

   小峠さんは再度、「(発言は)だいぶオブラートに包んでるけど、要約したら『ブスを外に出したくない』だからね」とおのさんをやんわりたしなめた。

   「恋人は不細工な女性を外に連れ出さない」、そんなおのさんの「仮説」をめぐりツイッターでは、

「性格悪いんだろうか」
「自分は美女だと思って居るのかな?」

と多くの批判が寄せられた。

おのさん、過去にも「お騒がせ」

   さらに絶妙のタイミングと言うべきか、番組放送から2日後の30日、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)に東京・麻布十番でおのさんが「イケメン男性」と手をつないでいる様子が報じられたのだ。記事によると、おのさんは「暗い路地に入るやカレの腰に手を回す」など大胆な行動に出たという。「2ちゃんねる」の、あるユーザーは「仮説」にからめて「自分が美人だと公言したってことか」と皮肉った。

   今回に限らず、おのさんの発言、行動はしばしば物議を醸してきた。限られたエリアの中を「ハンター」から逃げ切って高額賞金を手に入れる15年9月3日放送のバラエティ番組「逃走中~めちゃ×2本気で逃ゲてるッ!~」(フジテレビ系)では、 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん(45)に守ってもらいながら、その隙に逃げて賞金156万円を獲得。「人を盾にして逃げ切って何なの」「ズル過ぎる」といった批判をネットで浴びた。

   また、9月7日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で海女をモチーフにした三重県志摩市の公認萌えキャラ「碧志摩メグ」を取り上げた際、「ご当地キャラって、みんなから愛されなきゃいけないキャラじゃないですか。それにエロを求めちゃいけないんじゃないかな」と持論を述べた。

   共演していたお笑いタレントのヒロミさん(50)や司会の阿川佐和子(61)が、おのさんが雑誌などでグラビア写真を披露していることを前提に、「おのさんはエロをこうやっている(アピールしている)わけじゃない。自覚は?」と指摘。多くのネットユーザーもこれに同調した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中