コスプレ女性にカメラの列、マック赤坂も登場して... お祭り騒ぎの「ハロウィン前夜」渋谷を歩く

印刷

   ハロウィン本番を翌日に控えた2015年10月30日夜、渋谷には早くも仮装姿の若者たちが大量に集まり、駅前一帯はまさにお祭り騒ぎとなった。

   ハロウィン前夜、渋谷では何が起こっていたのか。

  • 人、人、人……で埋まった渋谷駅前
    人、人、人……で埋まった渋谷駅前
  • センター街では終電がなくなってもどんちゃん騒ぎが続いた
    センター街では終電がなくなってもどんちゃん騒ぎが続いた
  • 女性の肩をぐっと引き寄せ記念撮影
    女性の肩をぐっと引き寄せ記念撮影
  • 「あー、TBSだ!映して映して!」「テレ朝です……」なんてやり取りも目撃した
    「あー、TBSだ!映して映して!」「テレ朝です……」なんてやり取りも目撃した
  • 自撮り棒はもはやハロウィンの必需品。「あー、あのマリオの娘かわいい! 一緒に撮ってもらお!」なんて声がよく聞かれた
    自撮り棒はもはやハロウィンの必需品。「あー、あのマリオの娘かわいい! 一緒に撮ってもらお!」なんて声がよく聞かれた
  • 交通整理に当たる「DJポリス」。奇しくも大型ビジョンには、この渋谷のお祭り騒ぎのニュースが流れていた
    交通整理に当たる「DJポリス」。奇しくも大型ビジョンには、この渋谷のお祭り騒ぎのニュースが流れていた
  • 日付が変わる時間帯、広場で踊っていたのはマック赤坂さん。絡んでくる若者にも愛想よく対応していた
    日付が変わる時間帯、広場で踊っていたのはマック赤坂さん。絡んでくる若者にも愛想よく対応していた
  • 翌朝のセンター街入口。あちこちにゴミが……
    翌朝のセンター街入口。あちこちにゴミが……
  • ピカチュウのマスクも放置されている
    ピカチュウのマスクも放置されている

セクシーな女性には撮影のお誘い続々

「なんか、こんな普通の格好でいるのが恥ずかしくなってきたね」「コスプレしてないと、なんか悪いみたいな気がしてきたわ」

   通行人からそんな声が聞かれたほど、ハチ公前からセンター街にかけての一帯は、仮装で満ち満ちていた。

   ゾンビや小悪魔、キョンシーなどホラー系の仮装がやはり多いが、アニメや漫画のコスプレに身を包んだ人も目立つ。と思えば、牛乳の紙パックや缶ビール、Tカード、はたまたアンディ・ウォーホルとマリリン・モンローに扮した人など、アイデア勝負組も少なくない。

   「やばーい、超たのしーい!」 2人連れのゾンビ風ナースが、テンションアゲアゲで記者の横をすり抜けていく。ともに、片手に持ったお酒でほろ酔い加減だ。中にはメイクが崩れるのを防ぐためか、ストローを突っ込んで飲んでいる人もいる。

「写真送るから、LINE教えてよ......」

   センター街の交差点。そんなご機嫌な女性たちを捕まえて、一緒に記念撮影したお化け姿の男性が、さっさと先に行こうとする彼女らになんとか食い下がる光景を見かけた。断られるや、今度は別の女性にロックオン、自撮り棒を伸ばしながら、「すみませーん、一緒に写真撮りませんかー?」――わかりやすいナンパだ。

   彼らに限らず、特にバニーガールや、ヒョウ柄の全身タイツといった、セクシー系の仮装をした女性たちには、次から次へと撮影のお誘いが来る。「今日は君みたいなかわいい子、撮りに来たんすよー」といきなり腰を抱くような連中もいるが、彼女たちは愛想笑いであしらいつつ、くいっと衣装を整える。

DJポリスにカメラ殺到するも「写真撮影はやめて」

   そんな騒ぎを虎視眈々と狙っているのは、(記者もそうだが)メディアのレンズだ。特にテレビのクルーはハチ公前広場に陣取り、仮装者の品定めをしている。

   「面白いのいないっすね......」 某社のカメラマンがぼやく。定番のミニスカポリスなどの撮影を一通り終えてしまい、お眼鏡にかなう仮装がなかなかいないらしい。一方、別の社では、若い男性レポーターが群衆を背に、「渋谷駅は今、まさに仮装パーティー状態です!」とあおるように叫んでいる。実際、ハチ公前~センター街の人出は、時間を追うごとに増えていく。

   23時過ぎ、ついに待機していた機動隊の「DJポリス」が車上に立ち、スクランブル交差点の誘導を開始した。すると、「本物のDJポリスだ!」と喜んだ通行人がその周りに集まり、一時かえって横断歩道周辺が混雑状態に。さすがのDJポリスも、話題となったユーモアを交える暇もなく、「付近のドライバーの方が迷惑されています! 写真撮影の方は早く歩道にお上がりください......」と連呼するほかなかった。

   0時。電車もそろそろなくなり始め、センター街はともかく、ハチ公前広場は急にさびしくなる。お役目を終えてDJポリスも姿を消すが、それと入れ替わるように、「ああ~あああああ~あ」と、広場には「北の国から」のメインテーマが流れ始めた。

そして朝、まだ酔っている人たちと片付ける人たち

   音楽を流しているのは、小さな踏み台に乗って踊る、派手な衣装の男性だ。なにかの仮装だろうか?

   よく見ると――大阪市長選などへの出馬で知られる、あのマック赤坂さんだった。若者たちにスマホのレンズを向けられながら、マックさんは無言のまま、ゆらゆらと海に漂うように踊り続ける。不思議なムードの中、ハロウィン前日の夜は更けていった。

   翌朝6時過ぎ。記者は再び、渋谷駅周辺を歩いた。大量のゴミが散らばる路上には、まだまだコスプレ姿の人たちがうろうろしている。一晩中騒ぎ続けていたのだろうか。街の様子を撮影しているといきなり、2人組の男性(おそらく日本人)から、「ドント・テイク・ア・ピクチャー! ここはシブヤだ!」「ユーはポリスか? ポリスならキル(殺す)するぞ」となぜかカタコトの日本語で凄まれた。

   こちらも「ソーリー、ソーリー」と繰り返していたら解放されたが、のちほど交番を覗くと、彼らとは別の若者たちが、グループ同士でケンカを起こしたらしく、警察から事情を聞かれていた。すぐ近くでは、路上に座り込んで眠る男性を、やはり警官が半ばひっぱたくようにして起こしている。

   駅へと引き返す途中、ゴミ拾いのボランティアに集まった一団とすれ違った。二日酔いムードの街で、その表情は対照的なさわやかさだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中