ディズニーデートで男子が女子とケンカする「理由」 「いっそ男だけ」という気楽な楽しみ方が増えている?

印刷

   かわいいキャラクターがあふれ、パレードやアトラクションが日常を忘れさせてくれるディズニーリゾート。誰もがあこがれる夢の国、と思われがちだが、実は「ちょっと苦手」という若い男性が少なくない。「お金がかかる」「人が多い」「疲れる」といった理由があるようだ。

   女性側もこうした男性の気持ちを把握していて、ネットにはランドやシーで「失敗しないデート方法」を指南するサイトもある。

  • ディズニーの入場者の7割は女子。男子は少数派
    ディズニーの入場者の7割は女子。男子は少数派

金はかかる、人が多い、待ちくたびれる

   入場チケットに交通費や飲食代、年間3000万人以上が集まる人の多さ、人気アトラクションのために1時間以上待ったり、広いパーク内を歩き回ったり...。

   こうした理由でディズニーリゾートを敬遠する若い男性は意外と少なくない。2015年4月1日からの料金改定では、1デーパスポートが500円値上がりして6900円になった。

   運営するオリエンタルランドが公表しているデータでも、来場者の男女比は男性3割、女性7割でこの数年はほぼ横ばい。やはり女性客が中心だ。

   ネットではこうした男性側の気持ちを踏まえ、カップル向けに「ディズニーデート」を指南するサイトがある。

「カップル必見!ディズニーランドデートでケンカしないで楽しめるコツ」
「初めてのディズニーデートで失敗しないための鉄則」

といったタイトルだ。

   なぜケンカや失敗を心配するのか。こうしたサイトでは、待ち時間が長くて会話がなくなる、歩き回った疲れでイライラする、といった理由が挙げられている。ディズニーが大好きな女性同士なら、待ち時間や歩くことも苦にならないかもしれないが、男性にとっては必ずしもそうではないようだ。

   コツとしては、事前に待ち時間が少なくなるチケット「ファストパス」を買うこと、レストランで酒が楽しめるシーに行くことなどが提案されている。

「ディズニー男子」の盛り上がり方

   しかし、最近では逆に、男性だけで気楽にランドやシーに行くグループも増えている。ツイッターを見ると

「男5人でディズニーなう」
「男だけだからこそ楽しかったディズニー!」
「男だけでのディズニー最高だった」

といった投稿がたくさんある。15年5月には情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)でも「ディズニー男子」として取り上げられたほどだ。

   年間パスポートを買って週に1度のペースで通っていたという東京都内に住む20代の男子学生は

「キャラクターやアトラクションだけじゃなく、ご飯を食べたり、ぼーっとしたりするだけでも非日常的な雰囲気が味わえる空間。そう考えれば入場料金も高くない。男同士で歩き回って疲れることも、ここでしかできない特別な体験だと思って」

とJ-CASTニュースに語った。

   ディズニーも草食系男子の生息域になってきたのかも知れない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中