代々木の夜、V6コンサートで扉を開けて「音漏れ参戦」 「神対応」なのか「近所迷惑」なのか

印刷

   人気アイドルグループ「V6」の20周年コンサートでスタッフが実施した、あるサプライズが賛否の意見を呼んでいる。会場から漏れる音声を外で楽しむ「音漏れ参戦」ファンのため、なんとコンサート中に扉が開けられたのだ。「神対応」「素敵だと思う」という賛辞だけでなく、「近所迷惑な騒音」「マナー違反」との批判も。

   コンサートの「音漏れ参戦」は、アイドルファンの間でも賛否が分かれている。以前は人気グループ「嵐」のファンがコンサート前日に「近隣に迷惑がかかるので、音漏れ参戦はやめよう」という趣旨のツイートを拡散させ、話題となった。

  • スタッフの思わぬ「心遣い」にファンは…(写真は代々木第一体育館)
    スタッフの思わぬ「心遣い」にファンは…(写真は代々木第一体育館)

外で歌も披露、ファン感激「涙止まらない」

   V6がデビュー20周年を迎えた2015年11月1日夜、東京・代々木の代々木第一体育館には大勢のファンが押し寄せていた。全国ツアーの「千秋楽」となったこの日、TOKIOや嵐、Hey!Say!JUMPらジャニーズの人気グループも駆けつけ、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

   一方会場の外にも、いわゆる「音漏れ参戦」と呼ばれる1万人のファンが集まり、漏れてくる音声を聴いていた。そんなファンに「配慮」する意味もあったのだろうか、コンサートが始まってしばらくした頃、スタッフが突然会場の扉を開け放った。それまで小さく聞こえていたメンバーの声が、曲の音が、大きくなる。2日付けデイリースポーツ電子版によると、メンバーの岡田准一さん(34)が外で歌を披露する場面もあったという。

   スタッフとメンバーによる思わぬ「心遣い」にファンは感激。ツイッターには、

「優しすぎる」「素敵だと思う」
「神(対応)すぎた」「涙止まらない」

といった声が続々寄せられた。ツイッターに投稿された現地報告によると、会場の扉が開かれた後、「音漏れ参戦」ファンは綺麗に整列してペンライトを振っていたという。

2年前の嵐コンサートでは「騒動」も

   しかし、こうしたサプライズの様子がまとめサイトなどに伝えられると、

「ルール守ってる人が馬鹿みたい」
「近所迷惑な騒音」
「マナー違反」

といった批判がネット上では上がった。ただ、実際に騒音などの苦情があったかどうかはわからない。

   「音漏れ参戦」は、チケットを入手できなかったファンが編み出したコンサートの楽しみ方だ。人気グループのコンサートチケットともなると、応募者のほとんどが落選する場合も珍しくない。そのため、「音漏れ」でもいい、とチケットを持たず会場へ駆けつけるファンは後を絶たない。ただ、今までグループのメンバーや事務所側が「音漏れ参戦」を許可した事実はなく、ファンの中でも賛否が割れている。

   実際、2013年9月21日と22日に東京・国立競技場(当時)で行われた嵐のコンサート「嵐フェス13」では、会場外だけでなく隣接する明治公園や聖徳記念絵画館の近辺、住宅街にまで「音漏れ参戦」ファンが侵入し、ちょっとした騒動となった。

   13年10月5日付けNEWSポストセブンによると、コンサート当日は国立競技場近くの住宅街に50人ほどのファンが集結。「音漏れ」を聞くだけでなく、フラッシュを使って競技場を撮影するファンもいたらしく、地元住民から「普段の生活がかき乱された。やめて欲しい」との苦情も出ていたようだ。

   なお、コンサート前日の9月20日夜には、そうした迷惑行為を予測した一部ファンが「音漏れ参戦はやめよう」とツイッターで呼びかけている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中