小保方氏、早大の博士号取り消しに「とても不公正」

印刷

   早稲田大学が2015年11月2日、元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)の博士号取り消しを決定したことに対して、小保方氏は同日、代理人の三木秀夫弁護士を通じて「当初から不合格を前提とした手続きであり、とても不公正なもの」とするコメントを発表した。

   早大の判断について、小保方氏は「決定に失望した」とし、「指導過程、審査過程の正当性・公平性について大きな疑問がある」と主張した。発表コメントによると、早大から定められた猶予期間内に修正論文を提出したが、指導教員と1回しかやり取りしないまま、不合格と判定されたとしている。

   また、修正論文の提出前には担当教官から「今回は合格する可能性はとても低い」と伝えられ、審査教官からも「博士として認めることのできないのは一連の業界の反応を見ても自明なのではないか」と言われたと説明。その上で、「学術的な理由とはかけ離れ、社会風潮を重視した結論を出されたことは明らか」と反論している。

   小保方氏は、再提出した博士論文や関連データは、年度内をめどに随時公開する予定という。

   小保方氏は2011年に早大で博士号を取得。2014年2月に「STAP細胞」論文の不正疑惑が浮上すると、博士論文についても文章の盗用などの指摘が相次いだ。早大は同年10月に博士号を取り消したが、約1年の猶予期間を設け、小保方氏が論文を適切に訂正すれば「学位を維持する」としていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中