初の中台首脳会談で苦肉の「折衷案」 「指導者」同士が「さん」で呼び合う

印刷

   中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日に、シンガポールで首脳会談に臨むことになった。1949年の中台分断以来、両岸の首脳による会談が実現するのは初めてだ。ただ、今でも中台は互いの統治権を認めておらず、「中華人民共和国主席」「中華民国総統」という互いの肩書きを認めるわけにはいかない。

   そこで中台の当局者が用いることになった折衷案が「指導者」という呼び名だ。実際の会談でも、互いを肩書ではなく「さん」と呼び合うのだという。

  • 首脳会談は11月7日にシンガポールで行われる(写真はイメージ)
    首脳会談は11月7日にシンガポールで行われる(写真はイメージ)

協定の署名や共同声明の発表は行わない

   首脳会談は2015年11月3日深夜(日本時間4日未明)、最初に台湾側から発表された。台湾の中央通訊社(中央社)が台湾当局の高官の話として伝えたところによると、習氏と馬氏はシンガポールのシャングリラホテルで20分間にわたって会談し、別々に記者会見を行い、それから夕食をともにするという。

   台湾総統府の陳以信報道官は会談の目的を、

「両岸の平和を確固たるものにし、台湾海峡の現状を維持すること」

にあると説明。協定の署名や共同声明の発表は行われないという。総統府側の習氏の呼称は「大陸の指導者」だった。

   中国側も、国営新華社通信が11月4日朝になって台湾との窓口機関にあたる「国務院台湾事務弁公室」の張志軍主任(閣僚級)の発言として、会談が決まったことを伝えた。この新華社の記事では「習近平」「馬英九」の固有名詞は登場せず、「両岸の指導者」とあるのみだ。張氏の発言によると、

「両岸の政治的違いが解決されていない状況で、『ひとつの中国』の原則に基づいて行われる現実的な取り決め」

に従って、互いのことを日本語の「さん」にあたる「先生」と呼び合うことで合意したという。

   新華社の英語版の記事では両首脳の名前が登場。習氏には「主席」(President)という肩書を用いる一方で、馬氏には、やはり指導者(leader)という表現を使った。

菅官房長官、日台「両国」を「両岸」に訂正

   今回の呼称問題は、日本も無縁ではない。菅義偉官房長官は11月4日午前の会見で、会談について

「我が国としては、今日に至るまで、台湾をめぐる問題は当事者間の直接対話によって平和的に解決されることを期待するという立場だった。こういった観点から、今後も状況の推移を注視していきたい」

と論評しながら

「両国はかつては緊張関係にもあったので...」

とも述べた。日本政府は台湾を国家として承認していないため、後に「両国」を「両岸」に訂正していた。

   互いの統治権を認めていないという点では、中台と南北朝鮮は共通している。ただ、互いの呼び方をめぐっては中台の方が複雑なようだ。00年6月に韓国の金大中大統領と北朝鮮の金正日主席が会談した後に出された6.15南北共同宣言では、両首脳の肩書は、

「大韓民国大統領 金大中」
「朝鮮民主主義人民共和国国防委員長 金正日」

だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中