ユッキーナが夫婦愛いっぱいの出産シーン披露 ネット大反響 「いいね!」44万件超える

印刷

   先日、第2子となる女児を出産したタレントの木下優樹菜さん(27)が「フジモン」こと藤本敏史さん(44)との夫婦愛を感じさせるエピソードを披露し、反響を呼んでいる。

   藤本さんは出産に立ち会い、陣痛の激しい痛みに耐える木下さんにひたすら声をかけ続けたそうだ。インスタグラムのコメント欄には「泣きそうになった」「最高すぎます!」などと称賛の声がいくつも寄せられている。

  • 産まればかりの赤ちゃんに寄り添う木下さんと藤本さん(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット/コメント欄は編集部で加工)
    産まればかりの赤ちゃんに寄り添う木下さんと藤本さん(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット/コメント欄は編集部で加工)

「少なからぬリスク」伴う出産だった

   木下さんは2015年11月3日の午前0時過ぎ、自然分娩で2798グラムの女児を出産した。幸いにも母子ともに健康とのことだが、実は今回のお産は「VBAC」と呼ばれる出産方法で、少なからずリスクが伴うものだった。

   「VBAC(ヴイバック)」は帝王切開を経験した人が次に経膣分娩すること。子宮破裂などのリスクが高まることから、避ける病院も多いといわれている。木下さんは2012年8月に長女の莉々菜ちゃん(3)を緊急帝王切開で出産しているため、これに該当したのだ。

   自然分娩を選んだことについて、3日更新のインスタグラムでは、悩んだ末の「チャレンジ」だったことを明かしている。出産当日は当然不安もあっただろう。そんな木下さんをそばで励まし続けたのが、他でもない藤本さんだった。

   木下さんはインスタグラムに、産まれたばかりの赤ちゃんにキスをする2人の写真を掲載し、「だぁ(藤本さん)がよくがんばってくれました!惚れ直したぜ!おっさん!!!!」と、出産に立ち会った藤本さんに絶賛コメントを寄せた。

   陣痛に耐える中、「今の上手だったよー!」といった藤本さんの声が大きな支えになったようで、陣痛の苦しみがピークに達した時には「だぁのかけ声しか聞こえなかった」とのこと。木下さんは「やるぢゃんたまにはぶす」と、いつものように「ブス」呼ばわりしながらも夫への感謝の思いを伝えた。

「泣きそうになった」とコメント続々

   投稿は大きな反響を呼び、6日時点で、このインスタグラムには44万件以上の「いいね!」がついている。コメント欄には祝福のコメントが寄せられると同時に、夫婦愛に感動したファンらが、

「なんか感動した。泣きそうになった」
「そんな声をかけてくれるなんて最高すぎます!」
「私もこんな素敵で幸せ溢れる夫婦&家族になりたいです」
「涙出るほどいい話。素敵なパパですね!」
「絶対大変なのはユッキーナなのに...旦那ちゃんのコトそんな風に思えるナンテ。。ホントに素敵な夫婦」

といったコメントを続々と寄せている。

   藤本夫妻といえば今年6月、プロポーズ記念日のサプライズ演出が大きな話題となった。藤本さんは記念日をすっかり忘れている木下さんに話を合わせつつ、突然、世界に1つしかないガラスの靴をプレゼントしたという。

   さらにこの時、普段は写真撮影を頼んでも嫌がる莉々菜ちゃんが自ら撮影を買って出てくれたといい、木下さんは「恥ずかしながらいろいろ感極まって泣きましたー」とホロリ。その上で「女子のみんな!ブスも一回は視野にいれてみて!(笑 理想は理想 現実は現実(笑」と幸せいっぱいに呼びかけていた。

   「ブスも視野に」――というユッキーナの格言は、今回の出産エピソードを通じて今一度、多くのファンの心に響いたことだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中