「辺野古移設反対運動の違法駐車、騒音が地元の生活に影響」 菅官房長官、「地域分断」批判に強く反論

印刷

   米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古沿岸(同名護市)への移設をめぐり、政府が地元3地区に対して名護市を通さずに「頭越し」に直接地域振興関連費を交付しようとしていることについて「地域分断を狙っている」といった批判が出ている問題で、菅義偉官房長官は2015年11月6日夕方の定例会見で、「まったく当たらないと思う」と強く反論した。

  • 定例会見に臨む菅義偉官房長官
    定例会見に臨む菅義偉官房長官

交付対象の3地区は条件付きで辺野古移設を容認

   菅氏は、

「今現実的にあれだけの皆さんが、マスコミで報道されているように、反対の人がそこの3区の周辺に沢山来ている。そこで違法駐車だとか騒音だとか、大変な生活に影響がある。そういうことで『何とかしてほしい』という要請を受けてきている。そうした要請のもとで対応している」

などと述べ、移設反対派による違法駐車や騒音で地域の生活に支障が出ており、その影響を少なくするために交付金が必要だと主張した。交付の対象は、移設を条件付きで容認している名護市の辺野古・豊原・久志の3地区(久辺3区)。具体的な交付額や時期は防衛省で調整している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中