ネットの有名人「ばびろんまつこ」の正体 詐欺で逮捕、かつては大手ITの美人広報?

印刷

   偽ブランド品をネットオークションに出品し、京都府警に逮捕された無職の女(26)は、セレブ生活を自慢する「キラキラ女子」としてネット上で話題になっていたらしい。

   「ばびろんまつこ」という名前で、ツイッターで「ハイパーエリートニート」などと自称し、不労所得があると語っていた。その人物が、最近まで都内の大手IT企業の「美人広報」としてメディアにたびたび登場していたのではないかと指摘されている。

  • ツイッターでは「ばびろんまつこ」と名乗っていたとみられる
    ツイッターでは「ばびろんまつこ」と名乗っていたとみられる

テレビやネットニュースに登場していた

「正直な話年収が1500万超えたあたりから自分より年収が低いであろう異性は自然と身近にいなくなる。いてもコンビニの店員さんとか宅急便の配達員さんくらい」
「若かりし頃に一度だけエコノミーでヨーロッパに行ったんだけど、まるで奴隷船のようでわくわくぎゅうぎゅうな感じが楽しかったな」
「秋冬物のお買い物は、アイテム一つに余裕でOL1ヶ月分のお給料か飛んでいく」

   2015年10月28日、詐欺と商標法違反の疑いで京都府警に逮捕された松永かなえ容疑者は、「ばびろんまつこ」の名前でツイッターにこんな景気のいい話を書き込んでいたとみられる。

   警察の発表では松永容疑者は無職とされている。しかしネット上では、動画配信やオンライン証券などを手がける大手IT企業「DMM.com」の社員だったのではないか、と真偽不明なうわさが広まっている。容疑者と同姓同名で顔かたちも似た人物が、同社の「美人広報」としてたびたびメディアに登場していたからだ。

   同社は14年12月にモバイルサービスを始めた。その説明で15年1月ごろからテレビやネットニュースに顔や実名を出していたのが「松永かなえ」さんなのだ。

   色白で上品そうな見た目は「ばびろんまつこ」とあまりにそっくりだ。DMM.comに真偽を問い合わせたが、「事実確認が取れておりませんのでご質問にお答えすることができません」と回答があった。すでに退職したのかも分からない。

高級ホテルや海外旅行三昧

   松永容疑者は、ツイッターで「ばびろんまつこ」の名をかたっていたとみられる。

   そこでは「ハイパーエリートニート」と自称しながらも、高級ホテルでの滞在や海外旅行、銀座の高級すし店に行く様子などをひんぱんに投稿。自らのセレブぶりをアピールしていた。

   ファンも多く、恋愛や仕事の悩み相談なども寄せられていた。趣味や男性関係、金銭的にもめぐまれている「キラキラ女子」として、一般人ながらネットでは1万人以上のフォロワーを獲得していた。

   11月6日放送の「とくダネ!」によると、松永容疑者の父親は「ばびろんまつこ」について、娘の可能性が高い、と語ったという。

   報道では余罪があるとみて捜査が行われているというが、松永容疑者のセレブ生活の金の出所は分かっていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中