ローソン全店に「WAON」導入 イオンと提携

印刷

   コンビニエンスストア第2位のローソンは、流通大手イオンが手がける電子マネー「WAON(ワオン)」を導入、2015年12月15日から、国内の約1万2000店のすべてを対象に、店頭での支払いや現金チャージ(入金)を開始する。11月10日に発表した。同社はこれまでにiDやEdy、QUICPayなどの電子マネーのほか、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーを導入してきた。新たに「WAON」による決済サービスを導入することで主婦層や中高年層への利便性を高める。

   WAONは年間決済額が電子マネー市場の半分近くを占める最大手。利用できる提携先が広がっており、2015年度は2兆円の大台を突破する見通し。カード累計発行数は9月末で約5260万枚にのぼる。買い物で支払った金額に応じてポイントがたまり、商品の値引きに使える。

   流通系の電子マネーでは、WAONとセブン&アイ・ホールディングスの「nanaco(ナナコ)」が競っている。WAONはコンビニ第3位のファミリーマートも導入済みで、ローソンを加えた「セブン&アイ包囲網」で対抗する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中