巨人賭博「無期失格処分」に残る不安 警察捜査で出てくる名前

印刷

   巨人の「野球賭博」事件は2015年11月10日、プロ野球組織が3投手の「無期失格」処分を決め、一応の決着となった。

   処分は「永久失格」に次ぐものだが、その差は試合で八百長をしていなかっただけのことで実質は同じである。しかし、それでも今後の球界に不安を残す内容、との声が多い。

  • 十分な調査が行われたかどうか、球界関係者は不安を抱く
    十分な調査が行われたかどうか、球界関係者は不安を抱く

法曹出身コミッショナーでも調査に限界

「プロ野球の品位を汚し、多くの選手の名誉をも傷つけた。またファンの信頼を損ねた」

   プロ野球組織の熊崎勝彦コミッショナーは、巨人の福田聡志、笠原将生、松本竜也3投手の処分理由をそう説明した。コミッショナー自身が法曹界出身だけに、自分の代に起きた出来事に無念の表情がうかがえた。

   事件は、笠原が巨人内の仲介人的存在で、福田を誘いプロ野球、高校野球、大リーグの試合に賭けた。松本は笠原を介してプロ野球、福田を介して高校野球に賭けたという。

「軽はずみな気持ちで始め、どうしてもやめられなかった」(福田)
 「いろいろな人の人生をめちゃくちゃにし、償っても償いきれない。死ぬまで引きずっていく」(笠原)
 「興味本位で手を出した」(松本)

   巨人が発表した3投手のコメントである。なかでも笠原のそれは事件の性質の悪さを如実に表すものといえよう。

   福田は社会人ドラフト希望枠、松本はドラフト1位で入団。笠原は大型で、いずれも期待された。22歳の松本、24歳の笠原は、これからが本当の野球人生とされる年齢だった。

   今回の処分は、日本野球機構(NPB)の調査委員会の報告書をもとに、コミッショナーがプロ野球界としての最終処分を決めたものである。その前に巨人は3投手の契約解除を明らかにしている。

   球界関係者が不安を持っているのは、十分な調査が行われたかどうか。

「処分は選手のことばかりで、全体像が不明だ。それなのに処分を発表するのは性急ではないか」

   法曹界からそんな声が出ている。それは当を得ていて、コミッショナーは球界としての限界を次のように語っている。

「重要な関係者から十分な聴取をできなかった」
「組織的な全体像は無理だった」

東京五輪でプロ選手は出場できるのか

   重要関係者への事情聴取は65時間に及んだという。3投手と関係のあった大学院生と名乗る人物、飲食店経営者らだが、核心部分、携帯電話の提出などは拒否されたそうで、任意聴取の壁に跳ね返された。

   球界は「今後は既に捜査に着手している警察関係にまかせる」ということを宣言したのが、この日の処分発表だったといえる。

   巨人内部には賭け事が横行していたそうである。3投手以外に賭け麻雀などをしていたコーチや選手を球団は把握している。その実名が今後明らかになる可能性はある。大物の名前が出たとき、騒ぎはさらに大きくなる。他球団にも影響することも予測できる。

   「球界の盟主」を誇りにしていた巨人は無念の思いだろう。高橋由伸新監督はスタートから重荷を背負っていくことになった。新たな問題が降りかかるか不安である。

   野球が2020年の東京五輪で正式競技に復活することは間違いないと予測されているけれども、プロ野球選手の出場問題は当然持ち上がるだろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中