早大生が駅横広場を占拠、連日深夜のバカ騒ぎ はた迷惑な「伝統」はいつまで続く

印刷

   東京都新宿区JR高田馬場駅横のロータリーに学生が集まり深夜まで騒いでいる。多い時には数百人にもなり、肩を組みながら校歌などを大声で歌う。酔い潰れて倒れている学生もいる。

   学生の殆どは早稲田大学生で、彼らにとってはこれが伝統だ、という意識があり、

「ロータリーはキャンパスの一部のようなもの」

だそうだ。ちなみにここは公共の広場で、一般の人からの苦情が多いのも確かだ。

  • JR高田馬場駅横のロータリー。早大生たちが連日深夜まで盛り上がっている。
    JR高田馬場駅横のロータリー。早大生たちが連日深夜まで盛り上がっている。

「頭良い大学行ってるクセにやることってバカなんだなぁ」

「早稲田生ぐらい学歴良い方々だと高田馬場駅前のロータリー占領してドンチャン騒ぎしても許されるんですね!俺も早稲田受けようかな!全員一斉検挙されて就活落ちないかな?!」

などといったツイートとともに、そのドンチャン騒ぎの動画が2015年11月9日にツイッターにアップされた。場所はJR高田馬場駅横のロータリー。ロータリーを丸く囲むように若い男女が肩を組みながら、大学の校歌のようなものを大声で歌っていた。このツイートと動画がネット上に拡散されると、ちょっとした騒ぎになり、ツイッターではさまざまな批判的な指摘が出た。

「いつもはこんなにひどくはないけど、だいたい毎日溜まってて邪魔なんだよね。溜まる場所あるのにそこからはみ出て歩道にも溜まってるのが酷い」
「頭良い大学行ってるクセにやることってバカなんだなぁ...。周りの迷惑とか考えてねーもんな!一流の大学行っててもやることを三流以下...」
「女の子が酔いつぶれてロータリーにパンツ丸出しで寝てるんだぜ...」
「公共の場所で、しかも夜間にやることじゃないよね。勉強が出来ても人の迷惑を考えられない、常識の欠如した人たちがこんなに居るのか」

   どうしてこんなばか騒ぎをするのか。早稲田大学を3月に卒業した男性会社員数名に話を聞くと、早稲田祭が11月7日、8日に行われ、ツイッターにアップされた動画はその打ち上げの様子だろうと説明した。

警察が飛んできてロータリーの中に入るようにと注意される

   このロータリーは伝統的に早大のサークルの待ち合わせや解散場所に使われている。午後8時過ぎからは早大生が占拠する形となり、終電が無くなった深夜でも騒いでいたりする。一つのサークルで10人から30人ほどで、合計すると100人ほどになる。

   特に学祭や新入生歓迎コンパなどがある時期には数百人規模で学生が集まる。ロータリーから学生が溢れて公道に出てしまい、警察が飛んできてロータリーの中に入るようにと注意される。騒ぎに備え、複数の警官が配置されるという。

   騒ぐといっても早大生たちがここで飲み会を開いているわけではない。だいたいはサークルの待ち合わせ、飲み会途中の休憩、飲み会終了後の一本締めなどに使われる。また、ダンス系サークルならば音楽を流して踊ったり、音楽系ならばギターを出して弾いたりする。中には、校歌を歌い出す学生もいる。酔いつぶれた学生を連れてきて介護をしたりもする。早大卒の男性は、

「ここはキャンパスの一部という認識で、ここで騒ぐのはある意味伝統です。周りに迷惑がかかっているのでは、という認識がないわけではありませんが、ここは騒ぐ場所であるというのは既成事実化しているため、黙認していただけていると感じます」

と語った。近くの交番で話を聞いてみたら、今年からこの場所の勤務になり夜中まで騒いでいる学生たちを見て驚いた、という。通行人から苦情があればすぐにロータリーに飛んでいき注意をする毎日なのだそうだ。早大の関係者は

「騒ぐなという注意は繰り返し行っている」

としているが、何の効果も出ていないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中