「離婚しそうなカップル」1位なはずが... 堀北&山本の「ラブラブ」は本物だった

印刷

   「交際0日」の電撃結婚から約2か月半、堀北真希さん(27)と山本耕史さん(39)のツーショットがとうとう週刊誌にキャッチされた。

   「40通の手紙」「新幹線突撃」など山本さんの執念ともいえる熱烈アプローチの末に結ばれたことから、発表当時は「ストーカー愛」として世間を賑わせたが、その後の結婚生活はどうやら安泰のようだ。

  • 夫婦仲睦まじい手つなぎ現場を撮影された堀北さん(2010年7月撮影)
    夫婦仲睦まじい手つなぎ現場を撮影された堀北さん(2010年7月撮影)

仲睦まじい様子で、新婚らしい初々しさに溢れていた

   スクープしたのは2015年11月12日発売の「女性セブン」。同誌は11月初旬の週末、都心の高級マンションから出てきたところをキャッチしたといい、2人が手をつないで歩く姿と、スーパーに立ち寄った際の写真を計2枚掲載している。同誌によると、夫婦は仲睦まじい様子で、新婚らしい初々しさに溢れていたという。

   2人が結婚を発表したのは8月22日のこと。その直後、山本さんがワイドショーの単独インタビューで語った求婚エピソードは「ストーカー愛」として世間の注目を集めることとなった。

   09年のドラマで初共演した2人は、15年5月の舞台「嵐が丘」で約5年ぶりに再共演を果たした。すると山本さんは、直筆の手紙を稽古期間中に計40通近く渡したという。また、舞台終了後の某日には、堀北さんが乗るだろう新幹線を「勘」で予約。奇跡的に相乗りに成功し、以前から用意していた指輪を渡したそうだ。

   山本さんはこの時、堀北さんに拒否され続けたエピソードも合わせて披露していたことから、強烈なアプローチと相まって「女性にしてみれば怖い」「ほとんどストーカー」などと評されることとなった。

   そんな負のイメージが影響してか、女性向けサイト「VenusTap」が10月に行ったアンケート調査(男女500人対象)では「今年結婚した芸能人の中で離婚しそうなカップル」の1位に選ばれてしまった。

   だが、そんなイメージとは裏腹に、本人たちの口から出てくるのは「おノロケ」発言ばかりだ。

堀北も「家のこと一緒にやってくれる」とノロケ

   山本さんにとって結婚後初の公の場となった「ベストレザーニスト」発表会(8月28日)では、結婚に絡めた発言を連発させ、幸せいっぱいな様子をうかがわせた。

   堀北さんも9月下旬に出演したワイドショーで、

「ご飯をよく作ってくれます。きのうはジャージャー麺で、いろいろな調味料を混ぜて肉みそを一から作ってくれたんですよ。休みの日は一緒に作ったりもします」(『ZIP!』)
「すごく家のこととかも協力して一緒にやってくれる。連続ドラマでスケジュールが忙しくなっても、前より大変じゃないのかなって思ってます」(『スッキリ!!』)

などと、順風満帆な私生活を明かしていた。

   堀北さんがこれまでに語った不満といえば「朝起きてすぐにホラー映画を見ること」くらい。対する山本さんは、一緒に住んでから相手の行動が気になったことは「全くない」そうだ。

   ちなみに女性セブンでは「堀北真希 新居に元カノ!の胸騒ぎ」として、同じマンションに、山本さんが最近でも連絡を取り合っているという「元カノ」の上原多香子さん(32)が住んでいると報道。堀北さんはまだこの事実を知らないといい「寛大に受け入れられる話ではない」と結んでいる。

   この話がどこまで本当なのかはわからないが、もともと堀北さんは、山本さんがプレイボーイであることを重々承知した上で結婚したはず。そのためか、ネット上では上原さんとの話は深刻に受け止められず、むしろ「ストーカー愛」で出発したとは思えないラブラブぶりに、

「この写真見てホッとした」
「どう見ても普通に仲の良い夫婦」
「めがねもお揃いな気がする。仲がいいのね」

といったコメントが多々寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中