京都の「ごみ屋敷」、行政代執行で強制撤去 6年にわたり市が指導するも解消されず

印刷

   住民が家の周囲にごみをため込む「ごみ屋敷」問題をめぐり、京都市は2015年11月13日、同市右京区の50代男性宅に溜まったごみを行政代執行によって強制撤去した。14年11月に施行された「ごみ屋敷条例」に基づく措置で、私有地に放置されたごみの強制撤去は全国初。

   男性は、自宅前の私道に高さ2メートルほどごみを積み上げていた。男性宅は木造2階建ての長屋型アパートで、他の住民が出入りする際、支障が出ていた。近隣の住民から通報を受けた市が09年から指導を続け、15年10月には条例に基づき撤去命令を出したものの、男性は「(ごみは)資料だ」と主張して応じなかった。

   11月13日10時、およそ20人の市職員が男性宅を訪れ、私道上に積まれた新聞や雑誌、衣類などを撤去した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中