坂上忍、ついに交際相手特定報道「追認」 元女優・土肥美緒さんの素顔とは

印刷

   「いきなり自分の知らないところで女性問題がバーンって出たらどうする?」――。一部スポーツ紙に交際相手を「特定」された俳優の坂上忍さん(48)が、自らが司会を務めるテレビ番組で、冒頭から報道に飛び込んだ。

   お相手とされているのは、元女優の土肥美緒さん(34)。この番組中、坂上さんは特にスポーツ紙を否定することもなく、周囲の反応からも土肥さんでほぼ間違いなさそうだ。

  • ゴールインする日も近い?(画像は坂上さん公式ブログのスクリーンショット)
    ゴールインする日も近い?(画像は坂上さん公式ブログのスクリーンショット)

小籔千豊「とうとうバレましたね」

   スクープしたのは2015年11月24日付のデイリースポーツだった。記事によると、土肥さんは15年4月に所属事務所を退社し、芸能界を引退。3年ほど前から都内のエステ店で責任ある立場になっているという。

   交際が報じられた2014年2月当時、坂上さんは「3年以上前に友人の紹介で知り合った32歳のエステティシャン」とは明かしていたが、名前はもちろん、女優であるとも説明していなかった。

   そのため24日の昼、坂上さんがMCを務める「バイキング」(フジテレビ系)で報道に触れるかどうかに注目が集まっていた。すると番組冒頭、坂上さんは「NAOTOくんは、いきなりこう自分の知らないところで突然女性問題がバーンって出たらどうする?」と、隣に座るEXILEのNAOTOさんに自ら記事に絡めた質問を繰り出したのだ。

   これには出演者陣も大笑いで、小籔千豊さんは「とうとうバレましたね、彼女の身元が」とニヤリ。どうやら小藪さんは以前から知っていたらしい。

   坂上さんは「俺全然知らなかったの。さっきまで知らなくて、打ち合わせのときに『坂上さん、ヤフーのトップニュースに出てますよ』って言われて」と報道に驚いた様子で、「今朝、彼女がワンちゃんのお散歩してくれてたら不審な車がついてきたって」と、さっそく取材とみられる車にマークされたことも明かした。

   報道内容については特に否定しないままトークが終了。小藪さんの「証言」からも、土肥さんである可能性は極めて高そうだ。

共演の堂本剛も思わず照れた美人

   土肥さんは2001年ごろからテレビドラマや映画を中心に活躍してきた。所属事務所の公式サイトに掲載されていた当時のプロフィールによると、1981年8月14日生まれの34歳。身長161cm、特技は陸上競技全般とピアノ。出身は広島県で、公式ブログ(現在は非公開)では実家が神社だと紹介していた。

   写真週刊誌「フライデー」は交際報道当時、「菊川怜似の美女」と伝えていたが、お相手が土肥さんであるならば、ウワサに違わぬスレンダー美人だ。

   05年に「KinKi Kids」の堂本剛さんとバラエティ―番組で共演した際には、剛さんファンの間で「剛があからさまに照れた」「剛が顔から耳まで赤くなってた」「上品でスタイルいいモデル系」と話題になるほどだった。

   美人でありながら茶目っ気もたっぷりで、お決まりの挨拶「ドゥゥゥ!ハイッッッ!!」で始まるブログには、日々の暮らしや体験が面白おかしくつづられていた。そんな飾らない性格から同性にも好かれるようで、07年にトークショーで共演した女優の江口ヒロミさんは、土肥さんについて「チョー綺麗な人だし、めちゃめちゃ優しいうえに、面白いっっ!!」とブログで大絶賛していた。

   交際女性について、「彼女は唯一、うちに上がってる人なんです。ぼくは男でも女でも誰も家に入れてないので、そういう意味でもいちばん信用できる人」(14年2月「女性セブン」)と、特別な存在であることを明かしていた坂上さん。03年に離婚を経験していることから、再婚については度々慎重なスタンスを示してきたが、「不審な車」から彼女を守るには結婚が一番有効な策かもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中