「画伯」田辺誠一、紅白シンボルを手がける 「日出ずる国日本、世界に誇る富士山をイメージ」

印刷

   ツイッターなどに独特な画風の絵を投稿し、「画伯」とも呼ばれる俳優・田辺誠一さんが第66回紅白歌合戦のシンボルマークを手がけた。NHKが2015年11月26日に発表した。

   番組テーマ「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」の文字と、太陽と富士山を背に鳥がはばたいている様子を組み合わせたデザインで、田辺さんは「日本の力強さ、歌の力強さをイメージして描きました。日出ずる国日本。毎日、力強く昇る太陽、世界に誇る富士山、そして空高く舞う鳥。新しい年に向かって、また豊かな未来やそれぞれの夢や目標に向かって大きく自由に羽ばたいていくイメージです」とコメントしている。

   

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中