LINEの公式アカウントでニュース配信開始 メディア24社が参加

印刷

   LINE(東京都渋谷区)は、外部メディアに同社の無料通話アプリ「LINE」の公式アカウントを利用してニュースを配信する機能を開放し、2015年12月1日から新聞やテレビ、通信社、雑誌など24社が参加してニュースの提供を開始したと発表した。

   各メディアはLINE上にアカウントを設置し、自ら選んだニュースコンテンツを配信する。ユーザーは、LINEのアプリからメディアを選んで「追加」ボタンを押せば登録が完了する。その後アプリの「トーク」の画面上に「ダイジェスト版」としてデザインされたニュースページが送信されてくるので、記事の見出しをタップすれば、該当記事のページが表示される仕組みだ。購読は無料。

   LINEは2013年、独自のアプリによる「LINE NEWS」の提供を開始した。しかしその後、LINE本体のアプリ上で、同社の公式アカウント経由で1日3回のダイジェストニュース配信を始め、別のアプリやブラウザを開かなくても記事を読める仕組みを強化してきた。今回の取り組みも、新たなアプリは必要なく、LINEアプリ上のアカウントでニュースを閲覧できる。

   LINEの出澤剛社長は、「LINEアカウントを人と情報、コンテンツの間における情報流通のハブにしていきたい。今回のニュース配信の新しい取り組みは、その第1弾」と話した。

  • LINEの戦略を話した出澤剛社長
    LINEの戦略を話した出澤剛社長
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中