新国立競技場の東京都負担は約432億円で合意

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場について、遠藤利明五輪担当相と馳浩文科相、舛添要一・東京都知事が2015年12月1日、都内で会談し、総工費およそ1550億円に旧競技場解体費などを加えた1581億円の4分の1にあたる約395億円を東京都が負担することで合意した。会場周辺の整備費も含めると、都の総負担額は約432億円となる。

   国が半額の約791億円を負担、4分の1の約395億円を都が担い、残る4分の1は日本スポーツ振興センター(JSC)が販売するスポーツ振興くじ(toto)の売り上げを充てる。賃金や物価上昇で工事費がかさんだ場合も「国=2 、都=1 、JSC=1」の割合で負担し合う。

   また、都が国の施設の費用を負担するためには新たな法整備が必要となるため、馳文科相はJSC法改正案を来年の通常国会に提出する考えを示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中