昼間の運転中だったら電車水没? 地下水あふれたJR横須賀線に「怖い」の声

印刷

   地下水があふれ線路が冠水したJR横須賀線。地下の一部区間が12時間以上運転を見合わせ、影響は7万7000人に及んだ。

   今回のトラブルでは始発から運転の見合わせが決まったが、もし昼間の運転中にトラブルが起きていたらどうなっていたのか。原因が現時点でも特定できていないだけに、不安は残る。

  • JR横須賀線は東京駅の地下を走る
    JR横須賀線は東京駅の地下を走る

地下水をくみ上げるポンプのパイプに泥が詰まった?

   現場は東京駅から品川方面に約1キロ、地下約35メートルの地点。一時およそ70メートルにわたって水があふれ、レールの上まで水がつかっていた箇所もあった。

   JR東日本によると、通常、線路の壁面などからしみ出てくる地下水は貯水槽に集められる。貯水槽は一定の水位を超えるとポンプが稼働し、地上に組み上げられる仕組みだ。

   しかし2015年12月5日21時15分ごろ、貯水槽がいっぱいになっているのが判明。予備のポンプも稼働させ、一時は満水状態が解消されたが、その後も水がたまり、6日4時45分に始発の運行を断念した。

   現時点では地下水をくみ上げるポンプのパイプに泥が詰まったことが、排水が追いつかなかった原因とみている。しかし原因の特定のため、今も調査は行われている。

   幸いにも始発の前に運転は見合されたが、昼間の運行中に線路が冠水するトラブルが起きていれば、どうなっていたか。ツイッターには、

「もし日中だったら、電車が水没していたかもしれない。怖い」
「昼これが起きたらどうなるんだろう、電車水没?」

という投稿がある。

今回のようなトラブルは初めて

   交通コンサルタント「ライトレール」の阿部等社長は、12月7日に出演した「ひるおび!」(TBS系)で、

「滝のように地下水が出ている訳ではなく、チビチビ出ている。万が一ポンプがダメになってもお客様が逃げる時間もないほどあふれる訳ではない」

と話す。JR東も、貯水槽の水が逆流したのではなく、本来流れていくはずの地下水がたまったものだと説明している。急激に水があふれかえったのではない。

   しかし今も冠水にいたった直接の原因は調査中だ。そもそも今回のようなトラブルは初めてだという。パイプの点検、清掃は2か月に1度していて、10月14日の時点では異常はなかった。

   また、このところJR東ではトラブルが続いている。11月30日に営業運転を始めたばかりの山手線の新型車両では、ホームドアが開かなかったり、目黒駅で停止位置をオーバーしたりした。12月3日には横浜線の架線を張り替える工事の際に、架線をつなぐ電柱が折れ、一部区間で始発から5時間にわたって運転を見合わせた。

   横須賀線のトラブルで、ツイッターには「またまたJR東日本でトラブル発生」「JR東日本もトラブル続きだな」と心配する声が投稿されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中