「お腹きってください!!!痛い痛い痛い!!!」 第一子出産ゴマキ、病院の駐車場まで聞こえた絶叫

印刷

   元モーニング娘。のタレント・後藤真希さん(30)が2015年12月7日16時31分、第一子となる女の子を出産したことを、8日更新のブログで発表した。生まれたてのわが子との2ショット写真も掲載している。

「陣痛っていうのは本当この世の痛みでは無い!って本気で思いました」

というほどの経験だったそうで、本陣痛が来てから分娩までの自身の詳しい経過をつづっている。

  • 2015年12月7日に第一子となる女児を出産した後藤真希さん(画像は後藤さんの公式ブログのスクリーンショット)
    2015年12月7日に第一子となる女児を出産した後藤真希さん(画像は後藤さんの公式ブログのスクリーンショット)

夫もあまりの絶叫ぶりに驚く

   「ご報告」のタイトルでエントリーしたのは8日13時だが、前日7日10時のブログに「とにかくnow!!!」と書いており、この時すでに陣痛が始まっていたとみられる。分娩室に移る2時間ほど前から約2分おきに陣痛が襲ってきたといい、

「もう旦那さんのかけてくれる声すら、遠のいて聞こえにくく、いっぱいいっぱいでした」

と目の前が真っ白になっていたようだ。

「普段なかなか弱音をはかないようにしていた私ですが、陣痛MAXの時は、もうむりむりむり!!!お腹きってください!!!痛い痛い痛い!!!なんて何度も叫んでしまった。。」

後藤さんの姉によると、その声は病院の駐車場まで聞こえていた。後藤さんの夫もあまりの絶叫ぶりに驚いていたらしい。

   それでも、分娩室に入り、出産間近であることを自覚するにつれ、

「いよいよだー!と気持ちがいっきに頑張るぞモード あと少しで会える...」

と持ち直した。

「嬉しくて、感動して、達成感もあって、号泣」

「8回位かな?(1度の波で三回いきむ)痛みのマックスの波をいきみいきみ、9回目位の波で出てきてくれたよー」

その瞬間の思いを愛情たっぷりに表現した。

「嬉しくて、感動して、達成感もあって、号泣 あの感動は本当に宝物。10ヵ月以上の期間を私の中で共に過ごしてきてくれて、必死に痛みにたえて生まれてきてくれて、会えてすぐに元気な声を聞かせて安心させてくれて、なんて愛しいんでしょう。頑張ってアナタの幸せの為にいいママになれるように努力するからね」

   後藤さんは14年7月に3歳下の男性と結婚。15年6月にブログで妊娠を発表し、その後もたびたび経過を報告していた。11月26日には、本陣痛の前に起きる前駆陣痛があったことを伝えており、ファンの間でも「そろそろか?」と期待が高まっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中