岐阜県議が「同性愛は異常」とヤジ 県職員発言の質疑中に

印刷

   岐阜県職員が「同性愛は異常」とツイートした問題で、岐阜県議会の藤墳守議員(74)(自民)が2015年12月10日、本会議でこの問題の質疑中に「同性愛は異常」と同じフレーズのヤジを飛ばしていたことが分かった。

   報道によると、藤墳県議は、差別的意識があったことは否定し、「同性愛を認めれば少子化が進み、国も地方も成り立たなくなる」と説明した。発言については、撤回しないと言っているという。

   この問題では、古田肇知事が別の県議の質問に「不適切な行為」と答弁し、藤墳県議はその直後にヤジを飛ばしていた。藤墳県議は、2011~12年に県議会議長を務めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中