「消えた女」キンタロー。、「私は消えていない!」 石原さとみ顏マネで再ブレイク狙う

印刷

   元「AKB48」前田敦子さんのモノマネで大ブレイクした芸人のキンタロー。さん(34)。ここ1、2年はテレビでの露出がめっきり減り、週刊誌の「消えた女特集」などにも登場するようになった。

   ところが、女優の石原さとみさんの顔真似写真をブログにアップし、大注目されているのだ。「またテレビを賑わせてほしい」などといった応援コメントも多数出ていて、再ブレイクも囁かれている。

  • 石原ひとみの顏マネをして大評判。以前のようにテレビで活躍してほしいという声も。(写真は2015年12月11日付け『キンタロー。オフィシャルブログ』から)
    石原ひとみの顏マネをして大評判。以前のようにテレビで活躍してほしいという声も。(写真は2015年12月11日付け『キンタロー。オフィシャルブログ』から)

「本人かと思いましたよ。危うく惚れるところでした」

   キンタロー。さんは2015年12月10日に自身のブログとインスタグラムに「新作ものまね 石原さとみさん」と書いて一枚の写真をアップした。そのインパクトが凄まじいとネット上で大きな話題になり、

「笑った。言わんとすることはわかる笑」
「これひどいだろ! ...と思ったけど、じっくり見てると 特徴ちゃんととらえてる~! じわじわ来る(笑)」
「似てないんだけど似てる。この人本当雰囲気寄せるの上手いと思う」
「これは石原さとみを意識した大島優子っていうネタにまで完成させればいいのでは」

といった書き込みが掲示板に出た。これに気を良くした翌日11日、ブログで、

「石原さとみさんのものまね昨晩から大変好評いただいとります(^ω^)コロスぞ予告は今の所きてませんので、このままやれそう!!」

と書き、石原さんの顏マネ写真をもう1枚追加した。ブログのコメント欄には、

「本人かと思いましたよ。危うく惚れるところでした」。

   今回の話題で久しぶりにキンタロー。さんの顏を見た、という人も結構多い。12年にデビューし13年に元「AKB」前田さんのモノマネで大ブレイク。社交ダンスのインストラクターをしていたという経歴から、キレのあるダンスも評判となり1週間のテレビ出演が40本以上という超売れっ子になった。しかし翌14年から失速。現在はテレビでその顔を見ることはまれだ。

「ミラクルが起きるのかな?」

   テレビから姿を消した原因としては、前田さん、大島優子さんが「AKB」を相次いで卒業しモノマネの需要が減った事や、「ももいろクローバーZ」のメンバーや女優の剛力彩芽さんなどの新ネタを披露するもヒットしなかった。天狗になり嫌われて「業界から干された」という話も出た。

   週刊文春の15年1月1日・8日 新年特大号では「消えた女特集」に登場し、「私は消えていない!」と反論。新しく声優の仕事や営業を始めていて、忙しさは変わらない、と説明していた。しかしこの時点で既に忘れ去られる状態だったのは確かだ。石原さんの顏マネのインパクトにネット上には、

「ミラクルが起きるのかな?」
「キンタロー応援してる。がんばって」
「最近見なくなった気はするけど実力や度胸はたいしたもの。色々やってまたテレビを賑わせてほしい」

などといった応援コメントが寄せられ、再ブレイクが期待されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中