世田谷一家殺害事件の遺族がテレ朝をBPO申し立て

印刷

   テレビ朝日の番組「世紀の瞬間&未解決事件日本の事件スペシャル『世田谷一家殺害事件』」(2014年12月28日放送)で名誉などを侵害されたとして、この事件の遺族が15年12月14日に放送倫理・番組向上機構(BPO)に審理を申し立てた。

   番組は2000年末に東京都世田谷区で宮澤みきおさん一家4人が殺害された事件を特集したもの。被害者の宮沢泰子さんの姉で、同番組に出演した入江杏さん(58)が、番組側の犯人象の推理「顔見知りで強い遺恨を持つ者」に賛同したかのような編集を恣意的に行い、放送した、と訴えた。被害者4人は誰かに恨まれるようなことはなかった、と前もってテレ朝側に伝えていたという。これまで謝罪と訂正放送を求め7回テレ朝と交渉したが、決着しなかったため、申し立てたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中