羽生結弦と宇野昌磨の怪しい関係 「イチャイチャしすぎ」「ドS」と妄想広まる

印刷

   フィギュアスケート羽生結弦選手(21)と宇野昌磨選手(17)が親しくしている動画や写真がネット上に大量に出回り、「イチャつきすぎでは」などと話題になっている。ほかにも人気者につきものの、妄想とも思える内容がネット上で書き込まれている。

   スペインバルセロナで開催されたグランプリ(GP)ファイナル(2015年12月13日)で、羽生選手は男子の歴代世界最高得点を更新して史上初の3連覇を遂げ、宇野選手はGP初参戦で3位になるという日本人初の快挙を遂げた。

  • 宇野昌磨選手との「イチャイチャ写真」が大量にアップされる事になった羽生選手。(写真は2014年4月撮影)
    宇野昌磨選手との「イチャイチャ写真」が大量にアップされる事になった羽生選手。(写真は2014年4月撮影)

「羽生さんはしょーまイジリが昔から大好きよね」

   表彰式でのこと。羽生選手は笑顔でずっと宇野選手に話しかけ、宇野選手は伏目がちに何度も頷いていた。羽生選手が腕を組もうと肘を差し出し、それに応じようとしたのだが、手に持った縫いぐるみが引っかかりうまく組めない状態が続いた。そして表彰台にいる時間が終了となり、シンクロしたかのように2人は同時に笑顔になり、前を向いて頭を下げた。この様子が「イチャイチャしている」「萌える」などと話題になった。そして、

「『ゆづくん』『しょーま』ごちそうさまでした」
「羽生さんとしょーまの絡み、今後も楽しみです」
「いやもうこれカワイすぎるw 羽生さんはしょーまイジリが昔から大好きよね。何もいわずにされるがままのしょーまも可愛い。本当は言いたいことたくさんありそうだけど」
「腐女子を知らないのか?既に『羽生結弦×宇野昌磨』の妄想炸裂なのだが」

といった内容がツイッターや掲示板に書き込まれ、2人のこれまでの仲睦まじいツーショット写真や動画が大量にアップされた。

   羽生選手のイチャイチャぶりが話題になるのはこれが初めてではない。明るく無邪気で人懐っこい性格と王子様のような風貌がそうさせるのだろう、男性に満面の笑みで接し抱きついたりする様子が度々カメラで捕らえられ、何度も話題になっている。例えば高橋大輔選手、織田信成選手、中国のナン・ソン選手、ロシアのプルシェンコ元選手、現コーチのブライアン・オーサー氏などだ。そうした人たちとの恋愛を描いた妄想小説が作られている。宇野選手もがぜん注目を集めたという構図だ。

「ドS」という噂は織田信成のツイッターが原因

   一方で、これは「イチャイチャしている」のではなく、羽生選手が不慣れな後輩を見て「ドS」の本性を発揮し弄り倒している様子ではないのか、などと主張する人も出ていて、意見が二分している。その証拠として、過去に羽生選手が宇野選手の首に腕を巻きつけて楽しんでいる写真や、今回の大会の記者会見で、宇野選手の頬を後ろから手を回して掴み「変顔」にさせている写真などをアップし、

「いかんwwwwwwwww宇野くんいじられ過ぎやろwwwwwwwwそして羽生くんから漂う間違いなくドS感」
「羽生氏インタビューで『失敗した選手に勝つより最高の演技をした選手を上回って俺がNo.1だと思い知らせたい』みたいなドS発言してたけど、これのことではw」

といった感想が掲示板に書き込まれた。羽生選手が「ドS」だという噂は織田信成選手の14年6月28日付けのツイッターから始まった。2人がTシャツを着て後ろ向きに写した写真をアップし、羽生選手のTシャツには「ドエスS」織田選手は「ドエムM」という文字が書かれ、しかも羽生選手が織田選手を殴っている演技をした写真を添えていたからだ。何が本当なのかは分からないが、スーパースターともなると色んなことが注目の対象になる、という事なのだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中