韓国人気バラエティーがフジ「嵐番組」を盗作 ネットで「炎上」、制作側が謝罪に追い込まれる

印刷

   韓国SBSの人気バラエティー番組「ランニングマン」が、アイドルグループ「嵐」も出演する日本のバラエティー番組を「盗作した」として、謝罪した。

   これまでも韓国のテレビ番組と日本のテレビ番組の類似点はたびたび指摘されてきたが、制作サイドが盗作を認めるのは珍しい。

  • 「コロコロバイキング」とほぼ同じ?(画像は当該番組のネット動画より)
    「コロコロバイキング」とほぼ同じ?(画像は当該番組のネット動画より)

「フジテレビに謝罪し、賠償するべき」

   2010年に始まった同番組では、芸能人が様々なゲームに挑戦する。韓国国内だけでなくタイや香港、北京などアジア各地で収録されており、アクションスターのジャッキー・チェンさんもかつて出演した。

   そんな人気番組が「炎上」したのは、15年12月6日だ。この日の放送で登場したゲームが「VS嵐」(フジテレビ系)で登場するものと酷似していると、韓国のネットユーザーが反応。SNS上で「恥ずかしい」「反省してほしい」「フジテレビに謝罪し、賠償するべき」 といった趣旨の声が相次いだ。双方の番組はゲームバラエティーという点で共通している。

   同番組の演出を担当するプロデューサーは14日、盗作を認め、「理由を問わず、番組の責任者として今回の騒動に心から謝罪する」「今後は再発防止のために制作過程を改善し、同じことが繰り返されないように最善を尽くす」とのコメントをSBS経由で発表した。

   問題のゲームは、数人のプレイヤーが協力して斜面を転がるボールを穴に落とさないようゴールまで運び、点数を得るといったものだ。持ち手の付いた斜面は3つのゾーンに分割され、1つにつき2人が斜面の傾きを操作する。ゴールの場所によって加算される点数が変わる。

   実はこれ、「VS嵐」のゲーム「コロコロバイキング」とまったく同じルールだ。番組を見る限り、加算点が倍になるチャンスボールが出る、といったサブルール以外すべてなぞられている。

他にもフジテレビ系列の「パクリ疑惑」が浮上

   ランニングマンをめぐっては、他にも「パクリ疑惑」が浮上している。出演者が鬼ごっこのような形で走り回りって互いの名札をはがしあうゲームが、バラエティー番組「run for money 逃走中」(フジテレビ系)の内容にそっくりだというのだ。中国のニュースサイト「NOWnews」が15年12月12日に伝えている。以前からネット上で話題となっていたようだが、こちらはまだ制作陣の反応は見られない。

   また、ここで「パクリ元」とされているのは偶然にも両方フジテレビ系列の番組だ。実は、韓国のテレビ番組とフジには「因縁」がある。それは2003年、当時同局の看板番組だった「トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~」(すでに放送終了)と、KBS第2テレビの情報番組「スポンジ」との間に起こった「パクリ疑惑騒動」だ。

   スポンジは2003年11月、意外な知識をテーマにした情報娯楽番組として放送が始まる。しかし、そのコンセプトや番組構成は、02年の放送開始以降人気を急上昇させていたトリビアの泉とまったく同じだった。

   フジテレビ側は事態を察知し、同年11月半ばに「法的措置」をほのめかす質問状をKBS側に送付したものの、当時の担当プロデューサーは「類似点は偶然の一致に過ぎない」として疑惑を否定していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中