苦情1件で販売中止の香川「うどんかるた」 これがダメなら「きみまろ失職」の懸念広がる

印刷

   「強いコシ 色白太目 まるで妻」。香川県が作った「うどんかるた」の文言が問題視され、販売中止が決まった。県によると、寄せられた苦情はわずか1件だった。

   決定について、ネットでは「何が問題なのか」「どこがアウトなの?」と疑問の声が圧倒的だ。香川では県産米「おいでまい」のイメージキャラクター募集をめぐっても、トラブルがあったばかりだ。

  • 「うどんかるた」は12月12日の「全国年明けうどん大会2015」で発表されたばかりだった(画像は地元のキャラクター「うどん脳」)
    「うどんかるた」は12月12日の「全国年明けうどん大会2015」で発表されたばかりだった(画像は地元のキャラクター「うどん脳」)

「よいイメージを持たない人もいるのではないか」

   「うどんかるた」は「うどん県」として売り出す香川県がPRの一環として作製した。「あ」から「ん」までの句を募集し、集まった2909作品から選考委員会が46句を選定。2015年12月12日のイベント「全国年明けうどん大会2015」で発表されたばかりだった。

   県産品振興課によると、冒頭の「つ」で始まる句に対する1件の苦情は12月14日にあった。「よいイメージを持たない人もいるのではないか」という趣旨で、具体的に何が問題なのか指摘はなかった。

   県としては「さまざまな意見がある」と受け止め、12月15日からの販売をいったん中止。文言の修正を行うかを含めて、選考委らと再検討する。販売再開については「できるだけ早く結論を出す」(担当者)という。

   しかし、この県の決定には、疑問の声が多く出た。ツイッターなどネットには

「え、どこがアウトなの?」
「何でもかんでも悪いイメージに結びつけすぎだろ」
「一応、褒め言葉じゃないの?」

という投稿があふれた。県に対しても電話で「何が問題なのか」という問い合わせが複数あったという。

10月にはイメージガールめぐりトラブル

   香川県では、県産米「おいでまい」のイメージガール募集をめぐるトラブルが2015年10月にあったばかりだ。「フレッシュで透明感があり、色白でスタイルの良い方」などとする文言が不適切だとして、ポスターやチラシが修正に追い込まれた。

   「これ、おいでまいに苦情入れた人と同一人物(団体?)じゃないの?」という書き込みもネットにある。

   さらに、「うどんかるた」騒動が、全く違うところに飛び火するのではないかという懸念も広がった。毒気たっぷりのユーモアで人気がある漫談家の綾小路きみまろさんやサラリーマン川柳について、

「これダメだったら綾小路きみまろ失職じゃないですか」
「これがダメなら、サラリーマン川柳も自粛しそうだなー」

と心配する声が上がっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中