「めちゃイケ」放送「全裸おじさん」追放騒動に発展 無人島に観光客押し寄せ、土地所有者怒る?

印刷

   沖縄県八重山諸島の西表島近くにある無人島に20年以上暮らしていた「ナガサキおじい」こと長崎真砂弓(まさみ)さん(79)が今、「退去騒動」に揺れている。

   きっかけは、バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で放送されたこと。番組を見た観光客が続々訪れたため、住居としていた土地の所有者から追い出されてしまったのだという。

  • 思わぬ形で住処を追われ…(画像はイメージ)
    思わぬ形で住処を追われ…(画像はイメージ)

観光客も全裸になって写真撮影?

   長崎さんが住んでいたのは、観光でも有名な西表島の西2キロに位置する無人島「外離島」(そとばなりじま)の私有地だ。島や海岸で獲れる魚や海藻を食べ、1年のほとんどを一糸まとわぬ姿で過ごしていた。「自給自足」に近い生活と言っていい。

   そんな生活を一変させたのは「めちゃイケ」での放送だった。2014年7月5日放送回では、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんの44歳の誕生日を祝う、という名目で出演者らが来島。自身も「案内係」という肩書で出演し、岡村さんと寝食を共にした。

   日課となっているカラスの餌やり風景を見せたり、獲ったばかりのもずくを振る舞ったりと、仲睦まじい様子が話題となった。そしてもちろん、放送中も「全裸」であることが殊更に強調されていた。

   放送後の反響は凄まじいものだった。退去騒動の模様を伝えた週刊新潮(15年12月3日号)、15年12月16日付け東京スポーツ電子版記事によると、長崎さん目当てにマスコミや観光客が外離島へ押し寄せたという。

   その影響か、住んでいた土地の所有者から「出てってくれ」と言われたのだという。具体的な理由は報じられていないが、東スポ記事に、観光客が全裸になって撮影した長崎さんとの記念写真をネット上に投稿したことが所有者の目に留まった、とある。ただ、真相は不明だ。

私有地から「国有林」へ移住したが......

   ほぼ1年中全裸で暮らす長崎さんだが、これまで地元住民から反感を買っていたわけではないらしい。西表島の民宿経営者はJ-CASTニュースの取材にこう明かす。

「地元の民宿の人はとくに問題視していたわけではありません。私なんかはむしろ、彼に協力していました。水を持っていったこともありますし」

   ただ、土地所有者が長崎さんを追い出した理由は、「今どこへ移ろうか迷っている本人に迷惑がかかると困る」とのことで、多くは聞けなかった。

   報道によると、長崎さんは14年10月末に外離島から3~4キロ離れた西表島の海岸「木炭の浜」へ移住し、現在こちらで暮らしているようだ。

   しかし、「泣きっ面に蜂」と言うべきか、更なる災難に見舞われているらしい。木炭の浜が「国有林」だった関係で、今度は林野庁から「立ち退き勧告」を受けているというのだ。

   早急に立ち退く必要があるのか。同地を管理する沖縄森林管理署の祖納森林事務所に16日に複数回問い合わせたが、だれも電話に出なかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中